【DDT】樋口和貞が火野裕士とのチョップ応酬の壮絶肉弾戦で「D王」公式戦ドロー!「チャンピオンとして悔しい。火野を追いかける」

 DDTプロレスが11月5日(夜の部)、横浜ラジアントホールで「D王 GRAND PRIX 2022」第4戦を開催。Bブロックで出場したKO-D無差別級王者・樋口和貞が“優勝候補の一角”火野裕士と対戦し、チョップ応酬による壮絶な肉弾戦の末、30分時間切れドローに終わった。

 序盤はスタンドでのレスリングの攻防から、コーナーに詰めてのチョップの打ち合い。リング中央に戻るとチョップのラリー。戦場が場外に移っても、そこでも両者ともにチョップを打ち合った。さらに、互いに客席のイスに相手を座らせてチョップの応酬。リングに戻ってもチョップのラリーが約15分過ぎまで続いた。

火野が串刺しラリアットを見舞えば、樋口も同じ技で返した。樋口はアバランシュ・ホールドからぶちかましでフォールを狙うがカウントは2。樋口がブレーンクローに入ると、火野も同じ技を決めて意地の張り合い。火野がエクスプロイダー、フロッグスプラッシュを繰り出すも、カウント2で返した樋口はヘッドバット。倒れた火野だが、走り込んでラリアットを決めるがカウント2。

両者が立ち上がると、再びチョップ合戦に発展。火野が手を後ろに回し、あえて受ければ、樋口も同様に後ろ手でチョップを受けた。樋口がダブルチョップ、ランニング・ラリアットもカウントは2。火野はジャーマン、ラリアットからFuckin’BOMBを狙うも、阻止した樋口はブレーンクローから外掛けで押し倒しフォールにいった。これを返した火野もブレーンクローをかけたところでタイムアップのゴングが鳴った。

 この結果、Bブロックは火野が2勝1分けの勝ち点5で首位をキープし、樋口は1勝1分けの勝ち点3で追走する形になった。

 樋口は「やっぱ、強いな。去年やられて、今年こそはと思ったけど、壁は高いな。チャンピオンとして悔しい。ただ楽しかった。とことんやりたい。D王2戦目だったけど、火野裕士、追いかける存在だと思う。次(11・12大阪)、MAO。何やってくるか分からないけど、必ず飲み込んで勝ち進んでやる」と巻き返しを期した。

 火野は「樋口、おもろかったのー。でもチャンピオンとしてはまだまだや。もっとDDTだけじゃない。いろんなとこ出てみろよ。そこまでの実力があるんやったら。あそこまでワシとチョップで打ち合えるのはDDTでは樋口だけ。もっとチャンピオンらしく頑張れや」とゲキを飛ばした。火野の残りの公式戦は11・13京都でのMAO戦、11・18後楽園でのクリス・ブルックス戦となった。

 また、今大会でのBブロック公式戦ではクリスとKANONが対戦。開始早々、場外でのイスチャンバラで乱戦模様。クリスは雪崩式ダブルアーム・スープレックス、顔面へのドロップキック、ダイビング・フットスタンプとつなぐもカウントは2。

 KANONもコブラツイストで反撃にいくも、クリスがグラウンドに持ち込むとハウス・ピアノ・デス(足取り式変型オクトパス・ストレッチ)で絞り上げてギブアップを奪った。クリスは公式戦初勝利(1勝1敗)で勝ち点2とし、一方のKANONは1勝3敗となり脱落が決まった。

 クリスは「俺は昼の試合がなくて、その分アドバンテージがあったかもしれない。KANONは昼の大会で長い試合をしたから、ベストパフォーマンスではなかったかも。アイツは余計なことをたくさんする。そういうことをしなければ、もっと上にいけるレスラーだと思う。次(11・12大阪)はナヤ(納谷幸男)か。アイツは脳みそ空っぽだから、変なことは仕掛けてこないだろうけど、最近強いのは確か。優勝します」とコメント。

 KANONは「D王、敗退。アイツのせいだ。バカ外国人。覚えとけ。ぶっ殺してやる!」と激怒し、持っていた飲み物の缶を床にたたきつけると、泣き出して「佐々木(大輔)さんと決勝いくって約束したのに。こんなふがいない結果になって、恥ずかしく思う」と話した。かと思ったら、平静に戻り、「(11・13)京都で納谷をぶっ殺して、アイツのD王も終わらせる」と吐き捨てた。

 なお、11月27日の東京・JR大森駅東口前広場大会で、力が保持する世界大森級王座に地元大田区出身の高尾蒼馬が挑戦することが決まった。2018年10月14日の大森大会で行われた同王座次期挑戦者決定バトルロイヤルを制した高梨将弘が海外遠征のため挑戦できないため、代替選手として、高梨が高尾を指名した。

【大会名】D王 GRAND PRIX 2022 in Yokohama【DAY2】
【日時】2022年11月5日(土)夜の部
【会場】神奈川・横浜ラジアントホール
【観衆】280人(超満員)

▼オープニングマッチ ハリマオvsDAMNATION T.A! 30分一本勝負
吉村直巳&●石田有輝 vs 佐々木大輔&MJポー○
9分10秒 片エビ固め
※デスバレーボム

▼第二試合 坂口征夫プロデュースマッチ~2vs3ハンディキャップマッチ 30分一本勝負
○ポコたん&伊橋剛太 vs 赤井沙希&岡谷英樹&平田一喜●
9分59秒 体固め
※ダイビング・ボディプレス

▼第三試合 Bブロック公式リーグ戦 30分一本勝負
○クリス・ブルックス<1勝1敗2点> vs KANON●<1勝3敗2点>
11分30秒  ハウス・ピアノ・デス

▼第四試合 Aブロック公式リーグ戦 30分一本勝負
●遠藤哲哉<1勝1敗1分3点> vs ジョーイ・ジャネラ○<2勝1敗4点>
13分47秒 首固め

▼第五試合 30分一本勝負
秋山準&HARASHIMA&高尾蒼馬&○納谷幸男 vs MAO&勝俣瞬馬&小嶋斗偉&正田壮史●
11分18秒 エビ固め
※チョークスラム

▼セミファイナル Aブロック公式リーグ戦 30分一本勝負
○上野勇希<2勝1敗2点> vs RSP●<2勝1敗4点>
12分29秒 片エビ固め
※ローリング・ギロチン式エースクラッシャー

▼メインイベント Bブロック公式リーグ戦 30分一本勝負
△樋口和貞<1勝1分3点> vs 火野裕士△<2勝1分5点>
時間切れ引き分け

〈写真提供:DDTプロレスリング〉

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加