【新日本】オスプレイが内藤との死闘を制しUSヘビー防衛!試合後、海野翔太が現れ次期挑戦を表明

新日本プロレスは11月5日(土)、大阪・大阪府立体育会館(エディオンアリーナ大阪)で『バトル・オータム ’22』最終戦を開催。

バトル・オータム ’22
日時:2022年11月5日(土) 15:30開場 17:00開始
会場:大阪・大阪府立体育会館(エディオンアリーナ大阪)
観衆:4,006人(満員)

メインではIWGP USヘビー級選手権が行われ、王者ウィル・オスプレイに内藤哲也が挑戦。

試合巧者の両者の激突は30分越えの死闘を展開。

粘る内藤を最後はオスプレイがストームブレイカーを決め勝利を収めた。

<試合結果>

▼第9試合 60分1本勝負
IWGP USヘビー級選手権試合
<第16代チャンピオン>
ウィル・オスプレイ 〇
vs
<チャレンジャー>
内藤 哲也 ×
30分07秒  ストームブレイカー→片エビ固め
※オスプレイが3度目の防衛に成功

試合後、勝利を収めたオスプレイが11月20日、有明大会での防衛戦をアピールし、次期挑戦者を募るとそこに現れたのは、海外武者修行中の海野翔太であった。

突然現れた海野はオスプレイにデスライダーをお見舞い。USヘビーのベルトを掲げ無言の挑戦表明を行った。

➡次ページ(試合後バックステージコメント)へ続く

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

Pages 1 2