【ノア×ドラゴンゲート合同興行】拳王がGHCヘビー級王者の清宮海斗から炎輪で勝利!ベリーキュートなパートナー箕浦康太を絶賛!<11.11後楽園ホール>

プロレスリング・ノアドラゴンゲートが11月11日(金)、東京・後楽園ホールにて合同興行『GLOBAL 2days WRESTLE UNIVERSE presents GLOBAL DREAM』を開催した。

メインイベントではノアのGHCヘビー級王者・清宮海斗とドラゴンゲートのオープン・ザ・ドリームゲート王者・吉岡勇紀が組み、来年1月1日の日本武道館大会で清宮に挑戦する拳王と箕浦康太が対決した。

拳王の蹴りを吉岡が受け気合を見せれば、清宮もシャイニング・ウィザードを放つなど両軍が激しいバトルを展開。最後は拳王が清宮に炎輪(ムーンサルト式のダブルニードロップ)を見舞い王者から直接勝利を収めた。

勝利後にマイクを持った拳王は清宮に「昨日、30分超えのタイトルマッチの次の日によく頑張りましたね。早く控え室に帰って皆様に労いの言葉でももらって、自己満足だけしておきなさい。今日はどうもお疲れ様でした。よく頑張りました」と王者をこき下ろした。

そして「今日はドラゴンゲートの選手もいっぱい上がったノアとドラゴンゲートの興行、てめえらクソヤローども楽しかったか?今の拍手は本物だ。そしてタッグパートナーの箕浦、めちゃくちゃいい選手じゃん。ドラゴンゲートの未来かもしれねえ。おめえがいつで俺の手を借りたかったら、ドラゴンゲートいつでも呼んでくれ。」と箕浦に振る。

箕浦は「拳王選手、今日は組んでいただいてありがとうございます。俺はまだまだこんなところで終わるつもりはないんで、俺も必ずドラゲーでてっぺんを取るために今闘ってるんで。また拳王さんと組むことがあったら、その時はよろしくお願いします」と二人は握手。

最後に拳王は「めちゃくちゃ強い、めちゃくちゃいい選手で、そして今のマイクを聞いたら”ベリーキュート”じゃん。おい、いいか、後楽園のクソヤローどもいいか、これからはなドラゴンゲート、そしてノアを引っ張る、ベリーキュートな箕浦、そして拳王、俺たちについてこい」と大会を締めた。

バックステージで拳王は「一番イキのいい、めちゃめちゃいい選手いただろ。それはな、チャンピオンの吉岡じゃない。今、隣にいる箕浦だ。箕浦はな、見ただろ、あの魂。清宮にもない、吉岡にもない、箕浦だけ持ってるものがあるだろ!いいかおい、箕浦が今後ドラゴンゲートで俺の手を借りたかったらいつでも行くからな。今日は箕浦どうもありがとう」とその場を立ち去る。

箕浦は「拳王選手が言ったように、ノアのリングかウチのリングかわからないですけど、組む時があれば、またぜひ組んで戦いたいと思います。それと、俺はこんなところで腐る男じゃないんで、必ずドラゴンゲートのテッペン取ります。そして今日見に来たノアファンの皆さん、興味があれば後楽園、ぜひご来場お待ちしております」と言葉を残して控室へ戻っていった。

GLOBAL2days WRESTLE UNIVERSE presents GLOBAL DREAM
日時:11月11日(金)開始:18:30 
会場:後楽園ホール
観衆:1,209人

タッグマッチ
●清宮海斗&吉岡勇紀
vs
○拳王&箕浦康太
21分53秒 炎輪 → 片エビ固め

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加