【WWE】中邑真輔がSDワールドカップで無念の敗退 LDFの介入でキンシャサ決められず

インディアナ州インディアナポリスのゲインブリッジ・フィールドハウスにて行なわれたスマックダウンが日本時間11月13日に配信された。


©2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.

中邑真輔がスマックダウン・ワールドカップ1回戦でサントス・エスコバーと対戦するも、度重なる介入でキンシャサが決められずに無念の敗退となった。

中邑が日本を代表してIC王座挑戦権をかけたSDワールドカップに出場すると1回戦でメキシコ出身の“レガード・デル・ファンタズマ(LDF)”を率いるエスコバー(withクルス・デルトロ&ホアキン・ワイルド&ゼリーナ・ベガ)と対戦。

中邑はエスコバーのドロップキックを浴びるも、ニードロップからバリケードに叩きつけて反撃すると「カモーン」と挑発して闘志を燃やした。


©2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.

さらに延髄斬りや踵落とし、スライディング・ジャーマンスープレックスと猛攻を仕掛けるも、試合途中に痛めた左膝をエスコバーに集中攻撃されて激戦を展開。

終盤にはリバース・パワースラムから止めのキンシャサを狙ったが、デルトロ&ワイルドの妨害でチャンスを逃すと2人を一蹴した上でエスコバーにスピンキックを叩き込んだ。

これで中邑は再びチャンスを迎えたものの、今度はゼリーナ&ワイルドの介入で潰されると、最後はエスコバーの雪崩式ファントムドライバーを浴びて3カウント。

中邑はLDFの介入でエスコバーに敗れ、SDワールドカップ1回戦で無念の敗退となった。


©2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.

また、同日にはSDワールドカップ1回戦としてブラウン・ストローマン(アメリカ)とジンダー・マハル(インド)の試合も行われ、ストローマンがマハルを破って1回戦を突破した。

【関連サイト】

WWEネットワーク: http://network.wwe.com

 ※生放送終了後、ビデオオンデマンド方式で視聴可能です。

※WWEネットワークは英語でのサービスです。日本語字幕はありません。

WWE YouTubeチャンネル

https://www.youtube.com/c/WWE/featured

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加