【全日本】佐藤光留が現王者・青柳亮生から時間切れ寸前で勝利!「2022 Jr. BATTLE OF GLORY開幕戦」<11.13後楽園>

全日本プロレスは11月13日(日)、東京・後楽園ホールにて「2022 世界最強タッグ決定リーグ戦」&「2022 Jr. BATTLE OF GLORY」開幕戦を開催。

「2022 世界最強タッグ決定リーグ戦」【開幕戦】
日時: 2022年11月13日(日)11時30分
会場:東京・後楽園ホール
観衆:794人

第3試合では「2022 Jr. BATTLE OF GLORY」公式戦として現世界ジュニア王者の青柳亮生と佐藤光留が対戦。

今リーグ戦では10分1本勝負が採用されている為、各選手が時間配分を気にしながら戦わなければならない。

青柳亮生の華麗な空中殺法が繰り出される中、佐藤光留は蹴りとサブミッションで対抗する展開へ。

亮生の放ったムーンサルト・プレスは光留が寸前で非難に成功。

続く亮生のフィッシャーマンズ・スープレックス3連発で光留を追い込む。

仕上げにかかった亮生はファイアーバード・スプラッシュでフィニッシュを狙うが光留が剣山で迎撃。

 

ギリギリで交わした光留はアームロックから脇固めに移行しギブアップを奪った。

残り6秒での逆転勝利となり、光留は現世界ジュニア王者から幸先のより白星スタートを切った。

▼第3試合 2022 Jr. BATTLE OF GLORY 公式戦 10分1本勝負
青柳亮生× [1敗=0点] vs
佐藤光留〇 [1勝=2点] 9分54秒 脇固め

<写真撮影:伊藤ミチタカ>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加