【DDT】上野勇希が遺恨深き佐々木大輔を制し、大混戦の「D王」Aブロックを突破!「納谷がでかかろうが、俺が負ける理由はない。優勝するのは俺」

 

DDTプロレスのシングル最強を決めるリーグ戦「D王 GRAND PRIX 2022」が11月18日、東京・後楽園ホールで公式戦最終日を迎えた。大混戦となったAブロックは昨年準優勝のDDT UNIVERSAL王者の上野勇希が遺恨深き“カリスマ”佐々木大輔を制して、2年連続で優勝決定戦(12月4日、後楽園)への進出を果たし、Bブロックを勝ち上がった納谷幸男と対戦する。

 Aブロックは遠藤哲哉と佐々木が勝ち点5でトップタイ。上野、ジョーイ・ジャネラ、RSP(リッキー・シェイン・ペイジ)が4点で追い、5人が可能性を残して最終日に突入した。

 まずは、第3試合でジャネラとRSPが対戦。RSPがエプロンから場外めがけてデスバレードライバーを見舞ったが2人ともダメージが大きく両者リングアウトに。ともに勝ち点は上積みできず脱落が決まった。

 続いて、第4試合で遠藤が吉村直巳と激突したが、吉村が払腰で電撃フォールを奪って殊勲の星を挙げ、遠藤は勝ち点を伸ばせず。

 そして、第5試合で優勝決定戦進出をかけ、上野と佐々木が相まみえた。上野は場外戦で佐々木にイス、鉄柱攻撃で足に集中砲火を浴びた。レフェリー不在の隙に、上野は脳天にイス攻撃3連発を食って窮地に。

 なんとかこれをしのいだ上野は顔面へのドロップキック、BMEからWRを狙うも、阻止した佐々木はミスティカ式クロスフェース・ロックにいこうとするが、これを返した上野は顔面へのドロップキック。

 そして新技のローリング・ギロチン式エースクラッシャーを決めて完全無欠の3カウントを奪取した。

 勝ち点を6に伸ばし、単独首位でAブロック通過を決めた上野は「D王公式戦最終戦、佐々木さんでよかったです。2018年に吉村とノーチラスで、ダムネーションの佐々木&高尾(蒼馬)に勝ったときを思い出させるくらいキツくて楽しかった。いつも僕を苦しめる佐々木さんですが、今回ばかりは僕が佐々木さんを踏み越えて、飛び越えて決勝に行きます。優勝するのは僕です」とキッパリ。

 Bブロックで納谷幸男がKO-D無差別級王者・樋口和貞を破って、優勝決定戦進出を決めたシーンを見届けると、リングインして「まさか樋口さんに勝って上がってくるのが納谷ちゃんとは思わなかった。すごいよ、大きいし。でもDDT背負うのは俺やから。でかかろうが、俺が負ける理由はない。優勝するのは俺やから」と納谷を前に優勝宣言していた。

 一方、勝ち点1の差で優勝決定戦進出を逃した佐々木は「完ぺきな3カウントじゃねぇか。上野、絶対このままじゃすまさねぇ。佐々木大輔の2022年は終わった。ダムネーションT.Aの2022年も終わりだ。来年、上半期はもう終わってる。来年の下半期から俺たちの反逆が始まる」と吐き捨てた。遠藤は「こういう大事な局面で取れないとトップには立てないんです。吉村がどれだけ成長してるかって言ってましたけど、成長してないのは俺でした。アイツは確実に強くなってるし、DDTのトップに立てる人間。結果がすべてなんで、認めるしかない」と肩を落とした。

 また、試合後のバックステージで、ジャネラが「DDTにこの大会にエントリーするなら、“アキヤマ(秋山準)と同じブロックに入れろ!”と要求してたんだ。俺のリーグ戦が終わってしまった以上、次はアキヤマだ。今俺の元所属先のAEWにいるみたいだな。しっかりカネを稼いで帰って来て、俺と対戦しろ」と再度、秋山戦を要求。これを受けて、同団体では12・4後楽園での王者・ジャネラVS挑戦者・秋山のDDT EXTREME王座戦を決めた。

【大会名】D王 GRAND PRIX 2022 in Korakuen Hall
【日時】2022年11月18日(金)
【会場】東京・後楽園ホール
【観衆】450人

▼第一ダークマッチ 10分一本勝負
○岡田佑介 vs 石田有輝●
6分45秒 体固め
※サドンデス

▼第二ダークマッチ 3vs4ハンディキャップマッチ 10分一本勝負
○飯野“セクシー”雄貴&今成“ファンタスティック”夢人&竹田“シャイニングボール”光珠 vs 彰人&高梨将弘&アントーニオ本多●&ゴージャス松野
8分28秒 セクシーロックアップ

▼オープニングマッチ 30分一本勝負
藤田ミノル&MJポー&○KANON vs 坂口征夫&岡谷英樹&高鹿佑也●
5分57秒 片エビ固め
※スリーピー・ホロウ

▼第二試合 スペシャル8人タッグマッチ~ノータッチルール 30分一本勝負
HARASHIMA&○土井成樹&大鷲透&平田一喜 vs MAO&勝俣瞬馬&小嶋斗偉&正田壮史
11分38秒 片エビ固め
※バカタレ・スライディングキック

▼第三試合 Aブロック公式リーグ戦 30分一本勝負
▲ジョーイ・ジャネラ<2勝2敗1両者リングアウト4点> vs RSP▲<2勝2敗1両者リングアウト4点>
11分36秒 両者リングアウト

▼第四試合 Aブロック公式リーグ戦 30分一本勝負
●遠藤哲哉<2勝2敗1分5点> vs 吉村直巳○<2勝3敗4点>
7分5秒 片エビ固め
※払腰

▼第五試合 Aブロック公式リーグ戦 30分一本勝負
●佐々木大輔<2勝2敗1分5点> vs 上野勇希○<3勝2敗6点>
16分53秒 体固め
※ローリング・ギロチン式エースクラッシャー。上野がAブロック1位通過。

▼セミファイナル Bブロック公式リーグ戦 30分一本勝負
○クリス・ブルックス<2勝3敗4点> vs 火野裕士●<3勝1敗1分7点>
12分10秒 変形サムソンクラッチ

▼メインイベント Bブロック公式リーグ戦 30分一本勝負
●樋口和貞<3勝1敗1分7点> vs 納谷幸男○<4勝1敗8点>
19分5秒 エビ固め
※バックドロップ。納谷がBブロック1位通過。

〈写真提供:DDTプロレスリング〉

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加