【DDT】納谷幸男がKO-D無差別級王者・樋口和貞を破り「D王」Bブロックを大どんでん返しで通過!「上野さんに勝って、12月のビッグマッチでKO-D無差別に挑戦するのは俺だ」

 “未完の大器”納谷幸男がついに覚醒か!?
 DDTプロレスのシングル最強決定リーグ戦「D王 GRAND PRIX 2022」が11月18日、東京・後楽園ホールで公式戦最終日を迎え、Bブロックでは納谷幸男が大逆転で勝ち上がり、Aブロックを通過した上野勇希と12月4日、後楽園で優勝を争う。

 まさかの展開だった。BブロックはKO-D無差別級王者の樋口和貞と火野裕士が勝ち点7でトップタイ。これを6点の納谷が追走していたが、納谷が優勝決定戦に進むためには自身が樋口に勝ち、火野がクリス・ブルックスに負けた場合のみという厳しい状況だった。

 まず、セミファイナルで火野とクリスが対戦。火野はチョップ連発でジワジワと追い込んでいった。ところが、レフェリーが昏倒している間に、クリスのセコンドの高梨将弘が入って急所打ち。さらに大石真翔にベルトで火野を巧妙に殴打させ大混乱。

 火野はラリアットを見舞うも、クリスが変形サムソンクラッチで丸め込んで3カウントを奪取し、火野は勝ち点を伸ばせず。

 そして、メインで樋口と納谷が激突。序盤、ロックアップ、ショルダータックル合戦から、樋口のチョップと納谷のエルボーの応酬。

 場外戦を経て、樋口が串刺しラリアット、アバランシュ・ホールドで攻め込んだ。一進一退の攻防から、樋口のチョップと納谷のミドルキックの応酬に発展。

 次は樋口のラリアットと納谷のニーリフトの打ち合いに。樋口がドクターボムからぶちかましにいこうとするも、納谷は切り返してスクラップバスターに。樋口がブレーンクロー・スラムを狙うも、納谷はこれも阻止。

 納谷は樋口の得意技のヘッドバットを掟破りで敢行すると、樋口はチョップ連打。納谷は再度ヘッドバットからエルボー、張り手連発、ニーリフト連打。さらにランニング・ニーを叩き込むと、バックドロップを見舞って3カウントを奪う大金星を挙げ、Bブロック通過を決めた。

 試合後、Aブロックを勝ち上がった上野と対峙した納谷は「上野さん、俺だってDDTを背負って立ちたい覚悟があるんです。今日樋口さんに勝って、次、上野さんに勝って、12月のビッグマッチで、樋口和貞の持ってるKO-D無差別に挑戦するのは俺だ。これから、俺のドラマチックドリームをお客さんに見せていきたい」と堂々のマイク。

 バックステージで納谷は「12月のビッグマッチで樋口さんに挑戦するのは俺です。樋口さん待っててください。俺は上野さんに勝って、またあなたの前に立ちます。もう1度今日以上の戦いをしましょう。上野さんもDDTを背負うという気持ちは相当もってると思います。俺もDDTを背負いたいという気持ちはあります。周りの皆さんのおかげで今の俺があるんで、D王獲って、樋口さんからベルト獲って、みんなにありがとうと言いたい」と力を込めた。

 一方、7月にKO-D無差別級王座を奪取して以降、初めて3カウントを聞いた樋口は「強かった。執念ですね。完敗です。チャンピオンとしてD王出ましたけど、優勝決定戦に残れなかった。務めは果たせなかったのかなという気がします。次、上野、納谷、どちらかが勝ってD王獲る。そしたら、チャンピオンとして、勝ったほうに、あえて挑戦させてもらいます。チャンピオンとしてD王覇者に挑戦させてもらいます」と潔く敗戦を認め、気持ちを切り替えていた。

 高梨の介入もあり、優勝決定戦進出を逃した火野は「フワフワしてる。硬い物で頭どつかれて。最強を決めるリーグ戦でああいう勝ち方して。結果は負けたかもしれないけど、全然そんな気してない。勝とうと思ったら勝てるし」と前を向いた。

【大会名】D王 GRAND PRIX 2022 in Korakuen Hall
【日時】2022年11月18日(金)
【会場】東京・後楽園ホール
【観衆】450人

▼第一ダークマッチ 10分一本勝負
○岡田佑介 vs 石田有輝●
6分45秒 体固め
※サドンデス

▼第二ダークマッチ 3vs4ハンディキャップマッチ 10分一本勝負
○飯野“セクシー”雄貴&今成“ファンタスティック”夢人&竹田“シャイニングボール”光珠 vs 彰人&高梨将弘&アントーニオ本多●&ゴージャス松野
8分28秒 セクシーロックアップ

▼オープニングマッチ 30分一本勝負
藤田ミノル&MJポー&○KANON vs 坂口征夫&岡谷英樹&高鹿佑也●
5分57秒 片エビ固め
※スリーピー・ホロウ

▼第二試合 スペシャル8人タッグマッチ~ノータッチルール 30分一本勝負
HARASHIMA&○土井成樹&大鷲透&平田一喜 vs MAO&勝俣瞬馬&小嶋斗偉&正田壮史
11分38秒 片エビ固め
※バカタレ・スライディングキック

▼第三試合 Aブロック公式リーグ戦 30分一本勝負
▲ジョーイ・ジャネラ<2勝2敗1両者リングアウト4点> vs RSP▲<2勝2敗1両者リングアウト4点>
11分36秒 両者リングアウト

▼第四試合 Aブロック公式リーグ戦 30分一本勝負
●遠藤哲哉<2勝2敗1分5点> vs 吉村直巳○<2勝3敗4点>
7分5秒 片エビ固め
※払腰

▼第五試合 Aブロック公式リーグ戦 30分一本勝負
●佐々木大輔<2勝2敗1分5点> vs 上野勇希○<3勝2敗6点>
16分53秒 体固め
※ローリング・ギロチン式エースクラッシャー。上野がAブロック1位通過。

▼セミファイナル Bブロック公式リーグ戦 30分一本勝負
○クリス・ブルックス<2勝3敗4点> vs 火野裕士●<3勝1敗1分7点>
12分10秒 変形サムソンクラッチ

▼メインイベント Bブロック公式リーグ戦 30分一本勝負
●樋口和貞<3勝1敗1分7点> vs 納谷幸男○<4勝1敗8点>
19分5秒 エビ固め
※バックドロップ。納谷がBブロック1位通過。

〈写真提供:DDTプロレスリング〉

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加