【新日本×スターダム】KAIRIが岩谷麻優との激闘を制してIWGP女子初代王者に!1月4日東京ドームで中野たむと初防衛戦へ

新日本プロレススターダムは11月20日(日)有明アリーナで史上初の合同興行『Historic X-over』を開催。メインイベントで行われたIWGP女子初代王座決定トーナメント決勝戦にてKAIRIが岩谷麻優との激闘を制して初代王者となった。

初代王座決定トーナメントはスターダム選抜とインターナショナルから選手がエントリーして、岩谷は1回戦で渡辺桃、準決勝で林下詩美を下し、一方のKAIRIはイギリスでの1回戦を勝ち上がったアルファ・フィーメルに準決勝で勝利した。

ガッチリと握手から試合が始まる。

KAIRIにミサイルキックを見舞う岩谷

 

場外では岩谷がキック、KAIRIがフライングエルボーを決める。

リング上にてエルボー合戦に。

スリングブレイドを放つ岩谷

場外へエスケープした岩谷にフライングボディアタックで攻めたKAIRI

必殺のカットラス(裏拳)を連発したKAIRI
 

岩谷もドラゴンスープレックスホールドで反撃。

1発目のインセインエルボーを岩谷は返したが、2発目をくらいKAIRIが3カウントを奪取した。

健闘を称え合う2人

新日本プロレスの菅林会長からベルトを受け取ったKAIRIはマイクを持つ

「今日は、大好きな麻優さんと、勝ち負けを超える試合ができたと思ってます。麻優さんは“引きこもり”と言われ、私は“落ちこぼれ”と言われ、前半のキャリアはとても苦しい時代でした。そんな昔の私たちが、いまこうして新日本プロレスさんと一緒に興行をして、こんなに大きな会場でメインイベントで試合をさせていただけたことが、本当に、本当にうれしいです。ありがとうございました」と戦いを振り返る。

そして「このベルト、今日、命が吹き込まれました。そういうことで、次、できれば、1.4東京ドームで試合をさせていただけたらと思います。誰か、この生まれたてのピッカピカのベルトに挑戦してきたいと思う子はいるんだろうか?」とアピールすると中野たむがステージから登場して「1.4東京ドームであなたのそのベルトを奪うのはこの私、中野たむだ!」と挑戦表明。

KAIRIは観客に「どうですか?」と確認して挑戦を受諾した。そして大会を新日本プロレスの創設者であるアントニオ猪木さんに捧げる「 1、2、3、ダーーーッ!」で締めると、金テープがリング上に舞った。

▼バックステージコメント

KAIRI「今日こうしてたくさんお集まりいただいて、そしてこの偉大なる初めての歴史、新日本プロレスさんとの合同興行のメインイベントを麻優さんと務め上げることができたことを、本当に嬉しく思います。ありがとうございました。こんなに、こんなに試合前から気持ちが溢れて、緊張して、いろんな気持ちでグチャグチャになりながら入場したのも初めてですし、試合後にこんなにこらえきれないほどの感情が溢れ出てくるのは、対戦相手が岩谷麻優選手だったからです。今日はたまたま本当にほんの少しの差で私が勝ちましたが、次やった時は正直、あそこまで立ち上がってくる気持ちの強い麻優さんとやって勝てるかどうか分からないほどに岩谷麻優選手、ずっと尊敬する大好きな先輩です。私のことは嫌いだったの分かるけど、いろんな思いがお互いに交差し合って、5年半という月日が流れて、こうしてまた麻優さんと試合ができて嬉しいです」

KAIRI「そして、初代IWGP女子王者になりましたKAIRIです。このベルトは初戦から2人の強い強い思いが吹き込まれました。ベルトができた時、たくさんのご意見があったと思うんですけども、必ず私はもっともっと輝かせて唯一無二の色にしてみせます。そのために世界中で強い選手と闘いたいと思っています。いろんな意味でワクワクする夢の詰まったベルトにすることを誓います。今、この放送を見ている世界中どこでもいいです。誰か、このベルトに挑戦したいという選手がいればいつでも待ってます。今日は本当にありがとうございました。実はこの試合の前日に30分ドローもありましたが、4日前、練習中に足を捻挫して、医者からは試合を止められ、全治3週間と言われていました。でも、絶対に諦めたくなくて、たくさんの治療、協力してもらって、テーピングをしてもらってここまで。昨日は30分ドロー、今日は死闘を闘い抜くことができました。腕も昨日今日で伸びなくなっちゃってますが、まあどんな状態であれ、私はプロレスラーなので闘い続けます。走り続けます。このベルトの将軍として乗り続けますよ、ウマ娘じゃないけど。走り続けます、一緒に。今日はありがとうございました」

※ここに林下が現れる。

林下「KAIRI、おめでとう。おめでとう。私はトーナメントで負けちゃったから、そのベルトに挑戦させろ…なんてことは言わないよ。ただ、私はそのベルト、誰よりも思いは強いよ。常にそのベルトに目を光らせているから。私のために価値を上げてよ」

そして、用意されていた缶ビールで乾杯。

林下「初代IWGP女子チャンピオンと手合わせがしたい。だからスターダム年内最終戦の両国で、このクールにロイヤル美しい林下詩美とシングルしてほしいんだけど。断わんなよ、チャンピオン」

KAIRI「シングルマッチ? 12月29日、多分空いてる」

林下「空けといて、私のために。どうしてもIWGPのベルトは獲りたかった。でも獲れなかった。だから初代チャンピオンになったKAIRIとシングルマッチが絶対にやりたいから、スケジュール空けといて」

KAIRI「いいね。実はさ、私もさ、詩美くんにめっちゃ興味があったんだよ。やっちゃう?」

林下「是非、私と手合わせお願いします」とビールを飲み干して去っていった。

KAIRI「やべえ……(笑)。いいね。面白い。詩美くん、いいね。棚橋さんと組んでたっけ? うんうんうんうん、次期エース候補だね、スターダムの。よし、このへんでひと狩りいっとく?」と控室に戻っていった。

『Historic X-over(ヒストリック クロスオーバー)』
日時:2022年11月20日(日) 開場15:30 開始17:00
会場:東京・有明アリーナ
観衆:7,102人

第9試合 60分1本勝負
IWGP女子初代王座決定トーナメント決勝戦
岩谷 麻優
vs
KAIRI
25分28秒  インセインエルボー→エビ固め
※KAIRIがIWGP女子初代王者となる

〈写真提供:新日本プロレス〉

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加