【DDT】吉村直巳が椎間板ヘルニアで欠場、保持するタッグ王座は返上

DDTプロレスリングは11月18日後楽園大会の試合中に首を負傷した吉村直巳の欠場と、樋口和貞と保持しているKO-Dタッグ王座の返上を発表した。

以下、団体リリースより

■吉村直巳選手、欠場のお知らせ

吉村直巳選手が11月18日後楽園大会の試合中に首を負傷。診断の結果、椎間板ヘルニアと診断されました。

吉村選手はしばらくの間欠場となります。

樋口和貞選手と保持しておりました第75代KO-Dタッグ王座につきましては協議の結果返上となります。

ファンの皆様にはご迷惑、ご心配お掛けしますが、何卒ご理解いただきますよう、よろしくお願い致します。

発表済みカードの変更については追ってお知らせいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加