【WWE】“名誉兄弟”ゼインが“盟友”オーエンズへのローブロー攻撃!ブラッドラインが男子ウォーゲームズ戦を制す

日本時間11月27日、マサチューセッツ州ボストンのTDガーデンにて行なわれたWWE「サバイバー・シリーズ:ウォーゲームズ」がライブ配信された。


©2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.

ザ・ブラッドラインが「サバイバー・シリーズ」の男子ウォーゲームズ戦に挑むと、“名誉兄弟”サミ・ゼインが関係を疑われた“盟友”ケビン・オーエンズへのローブロー攻撃で忠誠を示してチーム・ブロウイング・ブルーツに勝利した。


©2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.

男子ウォーゲームズ戦を前にゼインはレインズに“盟友”オーエンズとの関係性を疑われたが、4人目としてリングインすると犬猿のジェイ・ウーソと共にブッチ&リッジ・ホランドに襲い掛かった。


©2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.

その後もドリュー・マッキンタイア、ジミー・ウーソ、オーエンズ、ソロ・シコア、シェイマス、ローマン・レインズが時間差で檻から参戦して白熱の攻防を展開すると、ブラッドラインがチーム・ブロウイング・ブルーツに鉄槌攻撃で攻め込まれて一時劣勢に。


©2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.

中盤にはジェイがスーパーキックを仲間のゼインに誤爆するも、ウーソズがブッチに1D、レインズがホランドをスピアーでテーブル葬にすると、シコアもスピニングソロでマッキンタイアを沈めてブラッドラインが躍動。


©2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.

しかし、レインズが残ったオーエンズにポップアップ・パワーボムからスタナーを決められてピンチとなると、ゼインがカウント2でレフェリーを押さえつけてなんとか回避。


©2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.

会場からは“サミ・ウーソ”チャントが沸き起こる中、さらにゼインは対峙した“盟友”オーエンズにローブロー攻撃やヘルヴァキックを放ってチームの疑いを晴らすと、最後はそのままジェイがウーソ・スプラッシュを叩き込んで男子ウォーゲームズ戦を制した。


©2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.

試合後にゼインはブラッドラインの信頼を獲得してレインズ、そして仲違いしていたジェイとも熱いハグを交わした。

【関連サイト】

WWEネットワーク: http://network.wwe.com

 ※生放送終了後、ビデオオンデマンド方式で視聴可能です。

※WWEネットワークは英語でのサービスです。日本語字幕はありません。

WWE YouTubeチャンネル

https://www.youtube.com/c/WWE/featured

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加