【グローカル・タッグトーナメント2022】日本一の地方プロレス団体が決まる!<12・3福岡大会>

日本一の地方ローカルプロレス団体を決定する「全国プロレス選手権大会 グローカル・タッグトーナメント2022」が、12月3日の福岡でいよいよ決勝戦を迎える。

10月4日の後楽園ホールでの一回戦で全国16チームが争い、勝ち抜いた8チームが11月12日の大阪で地方の誇りを懸けた熱い二回戦を展開した。そして準決勝に残ったのは4チーム。みちのくプロレスのGAINA・のはしたろう組。大阪プロレスのHUB・タイガースマスク組。九州プロレスの野崎広大・めんたい☆キッド組。琉球ドラゴンプロレスリングのウルトラソーキ・首里ジョー組。

12月3日は、まず、このベスト4による準決勝が行われ、メインイベントで勝者チーム同士による決勝戦が行われる。

<東北代表>みちのくプロレス GAINA、のはしたろう組コメント
GAINA「死ぬ気でいきますよ。準決勝、決勝と調子を上げて必ず優勝します!」
のはし「俺達に風は吹いている、このグローカル・タッグトーナメントを連覇するのは俺達”友達タッグ”っていうのは間違いなしです」

<福岡代表>九州プロレス コメント
野崎広大「二年連続で福岡の地で決勝で負けるという事があってはいけないので、絶対に優勝します」
めんたい☆キッド「僕たちが狙っているのは準決勝進出でもなければ決勝進出でもない。僕たちが狙っているのは優勝なんです。九州プロレスのシングルとタッグのチャンピオンが組めば、どこの団体が来ても怖くありません。」

 

<大阪代表>大阪プロレス コメント
タイガースマスク「一回戦、二回戦とここまで来たら、もう優勝でしょう。鶴山台のプロレスが日本一だという事を俺達が証明します。」

<沖縄代表>琉球ドラゴンプロレスリング コメント
ウルトラソーキ「ここまで来たら、もう何も怖くない。目指すは優勝だけだ」
首里ジョー「何度も言うてるやろ。俺達、ウルトラソーキと首里ジョーの”ダンプウォリアーズ”が最強なんや、絶対、優勝するぞ!」

 

チケットは既に完売しているものの、当日は実況生配信されるので遠方からの観戦も可能。
※配信チケットは『チケットぴあ』から
https://t.pia.jp/pia/event/event.do?eventCd=2241939

みちのくプロレスが昨年に続いて連覇するのか、今年再旗揚げした大阪プロレスがスタートアップの勢いを見せるか。はたまた、九州プロレスがホーム開催ということの意地や、琉球ドラゴンプロレスリングの若さが勝利を導くか。準決勝・決勝が同日というハードな連戦を勝利し、日本一の地方団体の栄冠を得るのは果たしてどの団体になるであろうか。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加