【ドラディション】高橋ヒロムがLEONAに完勝!「残念ながら藤波辰爾を感じることはできませんでした。でも…」12.1代々木『藤波辰爾50周年記念』

ドラディションは12月1日(木)、国立代々木競技場 第二体育館にて藤波辰爾デビュー50周年記念ツアー最終戦となる『TATSUMI FUJINAMI 50th ANNIVERSARY THE NEVER GIVE UP TOUR FINAL レック株式会社 Presents DRAGON EXPO 1971』を開催。

第3試合は、LEONAと「新日本プロレス」高橋ヒロムのスペシャルシングルマッチが行われ、新日本Jr.とLEONAがドラディションマットで遭遇した。

LEONAはガウンを着て入場。

ヒロムはリングインするとLEONAのもとへ向かいにらみ合う。

LEONAが開始からエルボーで攻め、ドラゴンスクリューや足4の字固めで押す場面も。

しかしヒロムが貫禄を見せ、ヒロムちゃんボンバーからビクトリー・ロイヤルで3カウントを奪い勝利した。

バックステージでヒロムは「残念ながら、LEONA選手からは藤波辰爾を感じることはできませんでした。でもLEONA選手、それでいいと思います。唯一無二のプロレスラーを目指してください。アナタの周りには邪魔な人、邪魔な声、たくさんあると思います。なので1人になってみたらどうですか?楽しいことだらけだと思いますよ。怖いことだらけだと思いますよ。でもそれでいいじゃないですか。唯一無二のレスラーになったらまた試合しましょう」とメッセージを送った。
 
 
敗れたLEONAはうつむきながら「…悔しいです。新日本プロレスに触れて、高橋ヒロムに触れて、完膚なきまで負けた、悔しいです」そして「何度でも追いかけます。そして追い抜きます。いまはただ、悔しいです」と控え室に戻っていった。

 
TATSUMI FUJINAMI 50t ANNIVERSARY THE NEVER GIVE UP TOUR FINAL
レック株式会社PresentsDRAGON EXPO1971
日時:2022年12月1日(木)開始18:30
会場:国立代々木競技場 第二体育館
観衆:2,150人
 
【第3試合】 30分1本勝負 〜SPECIAL SINGL MATCH〜
●LEONA
vs
○⾼橋ヒロム
11分53秒 ビクトリー・ロイヤル→片エビ固め

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加