【新日本】金丸・DOUKI組がCatch 2/2から勝利!DOUKI「残りのタッグリーグも、俺とオジキでかき回してやる」<12・4山口大会>

新日本プロレスは12月4日(日)、山口・KDDI維新ホールにて『WORLD TAG LEAGUE 2022 & SUPER Jr. TAG LEAGUE 2022』を第11戦を開催。

『WORLD TAG LEAGUE 2022 & SUPER Jr. TAG LEAGUE 2022』
日時:2022年12月4日(日) 16:00開場 17:00開始
会場:山口・KDDI維新ホール
観衆:931人

『SUPER Jr. TAG LEAGUE 2022』公式リーグ戦、4試合が行われた。トップを走るエース・オースティン & クリス・ベイ組が勝ち点12となるも、勝ち点10が4組と追う結果。優勝決定戦に出場するチームはどこなのか、混戦状態のまま12.7佐世保、12.10宇和島の2大会を迎える。

メインでは『SUPER Jr. TAG LEAGUE 2022』公式戦として、フランシスコ・アキラ & TJP組(5勝1敗)と、DOUKI & 金丸義信組(1勝5敗)が対戦。ここまで順調に来ているCatch 2/2に対し、1勝に留まっているDOUKI・金丸組。

技の繰り出し合いで、一進一退の攻防線。アキラがトペ・コン・ヒーロで2人を追い込み、金丸をリングにあげて抑え込むがなかなか3カウントが取れない。

最後は、DOUKIがアキラにスープレックス・デ・ラ・ルナで3カウント。すでにリーグ戦敗退は決まっているものの、トップ戦線に絡むTJP・アキラ組からの貴重な勝利となった。

<試合結果>
▼第8試合 30分1本勝負
『SUPER Jr. TAG LEAGUE 2022』公式リーグ戦
フランシスコ・アキラ ×
TJP
(5勝2敗=10点)
vs
DOUKI 〇
金丸 義信
(2勝5敗=4点)
18分40秒 スープレックス・デ・ラ・ルナ

 

<バックステージインタビュー>

金丸「俺ら優勝なんか、どうでもいい。どんどん引っかき回してやるよ!」

DOUKI「残りのタッグリーグも、俺とオジキでかき回してやるから、楽しみにしとけよ」

 

アキラ「おめでとう、DOUKI。お前の2万年のキャリアの中でやっとの晴れ舞台だ、おめでとう。」

TJP「Catch2/2は先を見通す才能があることを誇りに思っている。しかし目の前を見ることも大切だ。お前らのダーティープレーを予測しておくべきだった。だがお前たちは(このリーグ戦で)俺たちに追いつくこと不可能なんだよ。だから今日の結果は気にしていない。お前がウィスキーボトルを持っていようといまいと、警戒すべきことはもうわかってる。その時はまた会おうぜ」

グレイ「ウイスキー噴きかけるヤツなんているか? ルールに沿って闘ってるのは俺たちだけなのか?UNITED EMPIREは次々と勝利を収めたが、反則はしてない。オイ、ノブおじさん、オマエがウィスキーを保管している場所を突き止めて燃やしてやる。どうだ? 他人にウィスキーを噴きかけるな! チクショー!」

 

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加