【大阪プロレス】12.4 川西プロレスまつり2022~ビリーケン・キッド25周年記念大会~<全試合結果>

大阪プロレス主催の川西プロレスまつり2022~ビリーケン・キッド25周年記念大会~が12月4日兵庫・キセラ川西プラザホールで開催された。

25周年のビリーケン・キッドはメインイベントで行われた6人タッグマッチでブラックバファローから勝利した。

大会名:川西プロレスまつり2022~ビリーケン・キッド25周年記念大会~
日時:2022年12月4日(日)13:00開始
会場:兵庫・キセラ川西プラザホール
観衆:711名
主催団体:大阪プロレス

第1試合シングルマッチ1/15
◯ザ・ボディガー[7’20″カナダ式背骨折り]佐野蒼嵐⚫

5回目となった川西大会のオープニングは新人佐野がボディガーに挑む。真正面から組み合い、ドロップキック連打もボディガーは胸を出して受けて立ち最後は豪快な技で締めた。

第2試合タッグマッチ1/20
◯ツバサ&松房龍哉[13’13″ファルコンアロー→エビ固め]アレス⚫&菊池悠斗

ハイフライヤー揃いの好カード。華やかな四人によるハイスピードバトルに館内は拍手喝采。菊池と松房の見応え充分の熱闘からツバサが大御所の存在感を出して勝利

第3試合6人タッグマッチ1/30
三原一晃&⚫タコヤキーダー&アルティメット・スパイダーJr. [15’26″ジャックハマー→片エビ固め]ゼウス◯&TAMURA&最上九

川崎、千葉、大阪連合軍と大阪を代表するトリオのグローカルマッチ実現。珍しい顔合わせが次々と見られ盛り上がる。タコスパ連携で食い下がるも最後は一撃必殺をチョークスラムに斬ってとり得意技で押さえ込んだ

第4試合6人タッグマッチ1/45
◯スペル・デルフィン&くいしんぼう仮面&笹村あやめ[15’39″デルフィンクラッチ]えべっさん⚫&大坂丈一郎&ばってん×ぶらぶら

こちらも新鮮な顔合わせ。大阪プロレス初とうじの笹村にばってんと丈一郎が食い付きまくり。ばってんワールドに館内ドン引きしつつも創始者デルフィンとくいしんぼうの懐かしのムーブに館内笑顔に。最後は王道フィニッシュで大団円

第5試合6人タッグマッチ1/60
◯ビリーケン・キッド&タイガースマスク&HUB [21’08″ベルティゴ→エビ固め]GAINA&クワイエット・ストーム&ブラックバファロー⚫

グローカルタッグトーナメント優勝の余韻も新しい鶴山台トリオがメインに登場。前夜の激闘&長距離移動の疲れを見せず大暴れ。広いホールの二階席まで使った広範囲での場外乱闘に館内大騒ぎ。主役のビリーが捕まる展開が続いたがタイガースとHUBの援護射撃を受けてビリーが奮闘、合体コウモリ吊り落としからベルティゴで地元凱旋をハッピーエンドで締め括った。

〈写真提供:大阪プロレス〉

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加