【全日本】“大型新人”安齊勇馬が諏訪魔から3カウントを奪取「自分にとっては優勝と同じ位、嬉しい勝利をすることが出来ました」

全日本プロレスは12月7日(水)、東京・後楽園ホールにて「2022 世界最強タッグ決定リーグ戦 」【優勝戦】を開催。

「2022 世界最強タッグ決定リーグ戦 ~積田冷熱工事株式会社 presents~」【優勝戦】
日時:2022年12月7日(水) 開始時間 18時30分
会場:東京・後楽園ホール
観衆:801人

第5試合では「2022 世界最強タッグ決定リーグ公式戦」が行われ、現世界タッグ保持者の諏訪魔&KONO組と永田裕志&安齊勇馬組が対戦。

星取表では諏訪魔組が6点をGETしており、永田組を下すと優勝決定戦へ進出。

この試合のポイントとしては大型新人の安齊勇馬がどこまで現世界タッグ王者組に迫れるか!?

諏訪魔の強烈なバックドロップが安齊勇馬に襲い掛かる。

新日本プロレスから参戦の永田が安齊を懸命にフォロー。

終盤、攻め込まれた安齊勇馬が諏訪魔の一瞬のスキを突き、ジャーマン一閃。

まさかの一発に諏訪魔もこれを返せず、安齊が3カウントを奪取し大金星を奪った。

<試合結果>

▼第5試合 2022 世界最強タッグ決定リーグ戦 公式戦 30分1本勝負
×諏訪魔
KONO
[3勝3敗1無=6点] vs
永田裕志
○安齊勇馬
[3勝4敗=6点] 12分49秒 ジャーマンスープレックスホールド

試合後、バックステージで「優勝と同じくらい嬉しい。もっともっと上を目指します!」と宣言。

そして試合後、自身のTwitterで「最強タッグリーグ、応援ありがとうございました!リーグ戦最後の試合で、自分にとっては優勝と同じ位、嬉しい勝利をすることが出来ました。このリーグ戦の勝った試合、負けた試合の全てを糧に、上に登っていけるように頑張ります。本日は本当に応援ありがとうございました。」とツイート。

 

<写真提供:伊藤ミチタカ氏>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加