【全日本】アジアタッグ4wayマッチで大森&井上組が新王者に!試合後、NOSAWA論外が現れ挑戦を表明!!

全日本プロレスは12月7日(水)、東京・後楽園ホールにて「2022 世界最強タッグ決定リーグ戦 」【優勝戦】を開催。

「2022 世界最強タッグ決定リーグ戦 ~積田冷熱工事株式会社 presents~」【優勝戦】
日時:2022年12月7日(水) 開始時間 18時30分
会場:東京・後楽園ホール
観衆:801人

第3試合ではアジアタッグ選手権が行われ、王者組の児玉裕輔&花畑正男に対し、挑戦者組として大森隆男&井上雅央組、ヨシタツ&TAJIRI組、ブラックめんそーれ&ATMが4wayマッチで対戦した。

4wayマッチらしく各チームが入り乱れる展開へ。

ヨシタツ&TAJIRI組が優勢となるも、TAJIRIの毒霧がヨシタツに誤射。

最後は大森のアックスボンバーが花畑正男に炸裂し、井上がカバーし3カウントを奪取。

大森隆男&井上雅央が第117代王者となった。

<試合結果>

▼第3試合 アジアタッグ選手権 4wayマッチ 60分1本勝負
【第116代王者組】児玉裕輔&×花畑正男
vs
【挑戦者組】大森隆男&○井上雅央
vs
【挑戦者組】ヨシタツ&TAJIRI
vs
【挑戦者組】ブラックめんそーれ&ATM
7分07秒 大森隆男のアックスボンバー→片エビ固め
※児玉裕輔 &花畑正男が初防衛に失敗、大森隆男&井上雅央が第117代王者となる

試合後、来年2月に引退を表明しているNOSAWA論外が突如リングインし、アジアタッグ王座へケンドー・カシンとのタッグで挑戦表明を行った。

NOSAWAは自身のTwitterで
「アジアタッグ伝統と歴史を侮辱してるよ…
4WAYは無いだろう…
#ajpw
#これでも81代と102代チャンピオンだった
#アジアタッグは思い出じゃない記念
#カシン先輩よろしくお願いします
#レフリーは絶対に和田京平
#それより試合組まれるのかな」とツイート。

<写真提供:伊藤ミチタカ氏>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加