【全日本】ジェイク・リー、TAJIRI、イザナギの退団を発表

全日本プロレスは12月8日(木)、都内事務所で会見を行い2022年12月31日付でジェイク・リー、TAJIRI、イザナギ3選手の退団を発表した。

▼以下、団体リリースより

ジェイク・リー選手、TAJIRI選手、イザナギ選手が契約満了につき退団のお知らせ

この度、弊社所属選手のジェイク・リー選手、TAJIRI選手、イザナギ選手が契約満了につき2022年12月31日付で退団することになりました事をお知らせ致します。

イザナギ選手は12月21日(水)新木場大会、ジェイク・リー選手、TAJIRI選手は12月25日(日)後楽園大会が全日本プロレス所属ラストマッチとなります。

今後もジェイク・リー選手、TAJIRI選手、イザナギ選手並びに全日本プロレスへ、変わらぬご声援の程よろしくお願い致します。

全日本プロレス

《TAJIRI選手コメント》

本年度の契約満了を持ちまして、私TAJIRIは長年お世話になった

全日本プロレスを離れ新たな旅にでることにいたしました。

人生はすべて死ぬまでの途中経過です。そして人生はまだ続きそうです。

そして、プロレス界はめぐりめぐります。

またいつかどこかできっとめぐり会うこともあるかと。

それでは皆さん、年内のあと2試合どうぞよろしくお付き合いくださいませ。

ありがとうございます。

ジェイクは自身のTwitterで「応援してくださった皆様、そして全日本プロレスには感謝しかありません。所属選手として残り二試合、思い切り戦わせてもらいます。」とツイート。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加