【WWE】“神童”ロクサーヌ・ペレスがアイアン・サバイバー・チャレンジを制してNXT女子王座挑戦権を奪取

日本時間12月11日「NXTデッドライン」が配信され、“神童”ロクサーヌ・ペレスが「NXTデッドライン」の女子アイアン・サバイバー・チャレンジを制してNXT女子王座挑戦権を奪取した。


©2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.

25分間でピンフォール、サブミッション、反則によるポイント獲得を競う女子アイアン・サバイバー・チャレンジにロクサーヌ、コーラ・ジェイド、ゾーイ・スターク、キアナ・ジェームズ、インディ・ハートウェルの5人が挑むとロクサーヌとゾーイの2人で試合がスタート。


©2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.

その後、5分ごとにキアナ、コーラ、インディが参戦したが、その間にロクサーヌはゾーイのスピニングニーを浴びてポイントを許すと、コーラはキアナを丸め込んで1ポイントを獲得した。さらにロクサーヌはインディのビッグブーツでピンフォールを奪われたものの、ゾーイへの丸め込みでポイントを奪取するとロクサーヌ、コーラ、ゾーイ、インディの4人が1ポイント獲得の横並びとなって接戦に。


©2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.

終盤にはロクサーヌが試合残り2分で元盟友の“宿敵”コーラにポップロックスを叩き込んで2ポイントとなると、最後は90秒後にペナルティボックスから出てきたコーラにDDTを決められたが、なんとかフォールを回避して25分の試合が終了。“神童”ロクサーヌが女子アイアン・サバイバー・チャレンジを制してNXT女子王座挑戦権を奪取した。


©2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.

WWEネットワーク
http://network.wwe.com

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加