【2AWインタビュー】12.25吉田が真霜とのタイトル戦に必勝宣言!条柴が2AWラストマッチに向け胸中を語る!今後のTHE RULEはどうなる!?<プロレスTODAY増刊号>

千葉密着・発信型プロレス2AWより、THE RULEの吉田綾斗と条柴拓真がプロレスTODAY編集部に来社。

12月25日(日)開催のTKPガーデンシティ千葉大会で、真霜拳號の保持する無差別級王座に挑戦する吉田綾斗。そして吉田と同期の条柴拓真はこの大会をラストに2AWを退団する。

吉田が王座戦への意気込み、そしてチャンピオンになった後の展望、フリーになった条柴の今後の野望、またこれからのTHE RULEはどうなるのかを赤裸々に語った。

【大会名】有限会社 山﨑工業 プレゼンツ 2AW 年内最終興行 GRAND SLAM in TKPガーデンシティ千葉
程】2022年12月25
【開場】12:15 【開始】13:00
【場所】千葉・TKPガーデンシティ千葉 4F コンチェルト

▼インタビューはコチラからご覧ください。

①吉田綾斗が「ACTIVE ADVANCE TOURNAMENT」優勝

-- まずは先月の「ACTIVE ADVANCE TOURNAMENT」優勝おめでとうございます。こちらのトーナメントはいかがでしたか?

吉田「全部で4試合したんですけど、どれも楽な試合ではなかったですね。実力のある相手を倒していったので、優勝にふさわしい相手を倒していっての優勝だったかなと思ってます」

--準決勝の若松大樹選手も、若手ではありながら今他団体での評価が上がっている選手ですがいかがでしたか?

吉田「勢いだけじゃないんで、大樹は。大樹って、良くも悪くも我をとおすというか、先輩の言うこと聞いてるフリして、まぁ聞かないんですよね。それってたぶんレスラーにとって、時によくないとは思うんですけど、基本的にはレスラーってそうあるべきって思ってて。それをずっと続けた結果、2AWで若松大樹は若松大樹だけのプロレスをするんですよね。めちゃくちゃオリジナリティがあるといかいうわけではないんですけど、自分をしっかり持ったプロレスをするんですよね。それを分かってたんで、あえて外しにかかりましたけどね。そしたら案の定、自分が決勝に上がったんですけど。(若松選手の)幅が増えたら、より自分にとっても厳しい相手になるとも思いますけど、今はイージーでしたね」

--まだイージーな相手だと。でも成長は感じられたということですか?

吉田「成長を感じたというよりは、大樹は大樹やなぁって感じでしたね(笑)。こいつはほんま、良くも悪くもこうだなというのを感じましたね。でも強いやつはそうですね、そういうやつが上がってくると思います」

--プロレスラーにとってそこ大事なんですね。

吉田「だいぶ大事ですね。それが2AWの中でもずば抜けてるから、そこを大事にしたら?って言いたいですけど、たぶん聞いてくれないんでね(笑)」

--そして決勝は同期の浅川選手でした。

吉田「トーナメント表見たときに、まあこいつが上がってくるだろうなとは思ってました。自分、初代のチャンピオンベルトのときに浅川に負けてるんですよね決勝で。そのときはギリギリ負けた感があったんですけど、今回は消耗はしましたけど、結構な差をつけて勝った気もしてるんですよ。自分はまだまだやれたなと、あっちがどう感じてるか分かりませんけど。余裕ありましたね。それはあのときから3年の伸び率の違いかなと思ってますね」

--ご自身としては差が出来てることを感じているということですか?

吉田「むこうが弱くなってることはないと思うので、自分の伸び率が圧倒したなと。むこうも頑張ってると思いますよ、まあでももっと頑張れということで(笑)」

--条柴選手は決勝を見ていかがでしたか?

条柴「うーん、なんともいえない気持ちといえば、何とも言えない気持ちになりましたね。同期というくくりで見られてきてるので、若干くやしさというものもありましたね。でもシンプルにいい試合見れたなと。別にファンじゃないんすけど(笑)。浅川も同期だし、感慨深いものはありましたよね」

②吉田選手➡無差別級タイトル戦への意気込み
[2AW 無差別級選手権試合]
《王 者》真霜拳號  vs 《挑戦者》吉田綾斗

--そして12月25日クリスマスに、真霜選手のもつ2AW無差別級に吉田選手が挑戦します。2AWのベストオブベストといった決戦ですね。

吉田「クリスマスにましけん(真霜)となんて、なかなかいかつい話ですよね(笑)。先日のトーナメントの2回戦で勝ってるんですよね。そのときは真霜拳號が肩を痛めてましたけど、それを抜きにしてもたぶんいけるなって感じましたね。自分のプロレス的に、今年1年はいろんなプラス要素をつけましたけど、それを抜きにしてもベースとして、ある程度打たれてもこちら側は死なないというか。そのプロレスをやってたら、最終的に粘り勝つんですよね毎回。そのスタイルなんですよ、自分って。根本そのスタイルを曲げることはないので、ベースをそこで行けると思います」

--王者の真霜選手は現在、ストロングスタイルプロレスの王者でもあります。

吉田「じゃあ勝ったらベルト両方もらえるんかな(笑)」

--今回はWタイトルにはなってないですね(笑)

吉田「実質Wタイトルにはなってないだけで、王者を倒したことにはなりますからね」

--真霜選手は直近で関根シュレック選手も倒し、絶好調で衰え知らずです。

吉田「絶好調…どうなんでしょうね。衰え知らずって言われましたけど、そんなことないんですよね。衰えてるんですよ、ちゃんと。ただ、そこをうまくコンディション調整とかをして、そういう力が強いんですよね。少なくとも自分たちが(団体に)入ったころと今の真霜拳號の違いも感じてますし」

--そうなんですね。

吉田「やっぱ先ほどベストオブベストの戦いって言われましたけど、それはここで終わりにしないと。吉田がベルトを獲って、また次にくる奴らが超えていく、作っていかないととは思いますね」

 

③条柴選手➡2AW所属ラストマッチの心境は?
[条柴拓真 2AW所属ラストマッチ]
 条柴拓真  vs  ナカ・シュウマ

--条柴選手は吉田選手のタイトルマッチ同日に、団体ラストマッチがナカ・シュウマ選手と決定しております。心境はいかがですか。

条柴「うーん、これはかなり。複雑な心境というか、なんともいえない…」

--そうですか。

条柴「ファンの皆さんに公式に発表したのは最近ですけど、その前から決まっていたことですから、次への不安とワクワクでいっぱいいっぱいだったんですよね。でも退団が近くなるにつれて、前団体から合わせて2AWに8年…7年か?」

吉田「7年…7年半か」

条柴「やっぱりさみしさもあるし、あの時もっと出来たんじゃないか、取り返すじゃないですけどもっとやってもいいんじゃないかとか考えたりしますよね。でもさみしい思いもあるけど、実際辞めると決めた以上は、何か自分がいた証じゃないですけど残したいというか、そういう意味でもこの対戦相手ですよね。今でいうと今後俺が何ができるのかっていう挑戦でもありますよね」

④吉田選手➡衰えしらずで活躍する真霜選手は吉田選手にはどう映る?

吉田「どう映る…さっきの話がありつつも、冷静に考えたときに自分含め、まだ超えれてない部分とかもあるんですよ。たぶんそれは前勝ったからって超えたというわけでもなく、そう簡単にひっくり返らない部分があるんですよね。それがあるにしても、試合の結果ってすごい大事で。そこで魅せていかないとという部分では、前シングルで倒して今回も倒して。今の吉田綾斗なら真霜拳號よりも強いんだってハッキリ分からせたいと思ってるんですよ。そう思ってるということは、心の中に自分が真霜拳號に劣っている部分が何個かあるんやなということを認めてるんだと思うから、まあそういう風に映ってると言えば映ってるのかなと素直に思いますね」

--条柴選手からはいかがですか

条柴「どうですかねぇ。今の2AWの象徴というか、シンプルにレスラーとしてお客さんから見たときにかっこいいとか強いなっていうのがありますよね。それに試合をやってても分かりますね。そこを吉田くんがどうするか、楽しみですね」

⑤条柴選手➡フリーになった経緯、今後の活動は?

--まずはフリーになった経緯を教えていただけますか

条柴「うーん、まずは自分の中で何ができるかっていう…1番はやっぱり挑戦ですよね。うち(2AW)にいて出来ることもあれば出来ないこともあると思うし。いろんな考え方がありますよね。団体にいてやるのも道だし、外に出てやるというのも道だし。まあなんかちょっとサバイバルがしたいなと。結局フリーになったら自分の力だけですからね、会社の後ろ盾もなくなるわけだから。よかったらまた試合に呼んでもらえるだろうし、駄目ならそれまでだし。自分もたかが7年くらいのキャリアですけど、やることやったなと思うので、外でいろんなプロレスを見たいな、やりたいなという気持ちが強いですね」

--では、今後はご自身の可能性を広げながら、自分自身の道を見つけていくといった感じですかね。

条柴「そうですね」

⑥THE RULEの今後の目指す方向性

--そんなTHE RULEですが、今後の展開はどうお考えですか

吉田「25のタイトル戦で自分は間違いなくベルトを獲る、チャンピオンになる、THE RULEの頭として吉田綾斗が引っ張っていく。そんななかで、THE RULEって、7人いるのにレギュラー参戦してるのは3人なんですよね。条柴が抜けて、チーバトルにいる人間は吉田、ナカ(・シュウマ)になるわけなんですよね。条柴がどこで出るかもわからない。そしたら吉田、ナカのパワーバランスがメインになってくるわけですよね。てなると、そのままでは…という気持ちは自分の中にはあるので。あとはナカともうちょっと話してみてですけど、テコ入れしてもいいのかなとも思いますよね」

--これは2023年が楽しみですね。

吉田「まあ、そんな風に今は思ってます」

--条柴選手はいかがですか

条柴「さっき吉田も言った通り、吉田がいて俺がいて、ナカがいて。でも今後は、吉田とナカが中心となってきますよね。ナカ・シュウマが1番若いんですけど、こいつはかなり持っているものが大きいんですよね。こいつが今後どうするのか。25日に吉田がチャンピオンになって影に隠れちゃうとは思うんですけど、ベルトだけじゃない、プロレスの凄い可能性をこいつは秘めてるので。こいつがどうなるかで、THE RULEが変わってくると思うんですよね」

吉田「ナカは、THE RULEの頭脳なので。今後の方向性をちゃんと話そうと思うのであれば、ナカが必要ですね。先輩2人よりずっと考えてるんで(笑)」


⑦大会に向けてメッセージ

条柴「わたしもここで所属としてラストで。でも引退じゃないからね。結構言われるんですけど、『引退しちゃんですか?』って。いやだから退団するだけだから!っていうのをもう1回言っておきたいんですけど。これ僕にとっていろんな心境もありますけど、今後の条柴って言うのも見せないといけないし、ナカ・シュウマに俺が今までやってきたものを刻んで、今後のためになるような試合もしなきゃいけないし。そういうのを考えると、かなりテーマが多いんですけど。本当にこの条柴の所属ラスト、今後の条柴本当にこの条柴が所属ラスト、今後の条柴を見せたいと思ってます」

吉田「真霜・吉田、前のトーナメントが2AWになって初シングルなんじゃないかなと思うんですよ。で、今回タイトルマッチでこの後当分真霜・吉田やらないと思うんですよ。少なくとも今後自分はもうやりたくないんで。真霜拳號なんかと何度もリングで2人になりたくないんで。今現時点で真霜・吉田が2AWのベストだと感じる人間がいるのであれば、今回観に来ていただければ。次ましけんが自分の前に立った時に、今と同じようなレベルにいるか分からないですから。だから今のうちに観に来てもらえればと思います」

 

<インタビュアー:プロレスTODAY総監督 山口義徳>

▼今大会に抽選でご招待のプレゼント企画はこちら
https://proresu-today.com/archives/207065/

▼インタビューはコチラからご覧ください。

 

【大会名】有限会社 山﨑工業 プレゼンツ 2AW 年内最終興行 GRAND SLAM in TKPガーデンシティ千葉
程】2022年12月25
【開場】12:15 【開始】13:00
【場所】千葉・TKPガーデンシティ千葉 4F コンチェルト

【全カード】
2AW 無差別級選手試合
《王者》真霜拳號 vs 《挑戦者》吉田綾斗

2AW タッグ選手権試合
《王者組》花見達也&仁木琢郎 vs 《挑戦者組》PSYCHO(フリー)&旭志織

★条柴拓真 2AW所属ラストマッチ
条柴拓真 vs ナカ・シュウマ

★タッグマッチ
梶トマト(フリー)&浅川紫悠 vs 滝澤大志&若松大樹

★6人タッグマッチ
吉野コータロー&最上九&笹村あやめ vs CHANGO(フリー)&本田アユム&チチャリート・翔暉

★タッグマッチ
十嶋くにお&超人勇者Gヴァリオン(BRAVES) vs 大和ヒロシ(フリー)&レッカ(フリー)

※試合順未定。負傷その他の理由により欠場の場合がございます。ご了承下さい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加