【WWE】“女帝”アスカがドミニクに毒霧噴射もリアに無念のKO負け


©2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.

日本時間12月14日配信されたロウで、“明日の女帝”アスカが因縁のリア・リプリーと対戦すると、妨害するセコンドのドミニク・ミステリオに毒霧を噴射したが、その隙にリアのリップタイドを浴びて無念のKO負けとなった。


©2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.

アスカは先週の挑戦者決定戦予選後に襲撃されたジャッジメント・デイのリア・リプリー(with ドミニク)と対戦。仕返しとばかりにアームバーやヒップアタック、ダブルニーと猛攻を仕掛ければ、パワーに勝るリアにベアハッグで反撃されて白熱の攻防を展開した。


©2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.


©2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.

終盤にはアスカロックでリアを捕まえてチャンスとなるも、ドミニクの介入でロープエスケイプとなるとドミニクの顔面に毒霧を噴射。アスカはドミニクの撃退に成功したものの、この隙にリアのリップタイドを浴びてマットに大の字で沈んだ。

 

【関連サイト】
WWEネットワーク: http://network.wwe.com

※生放送終了後、ビデオオンデマンド方式で視聴可能です。
※WWEネットワークは英語でのサービスです。日本語字幕はありません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加