【DDT】安納サオリ&川畑梨瑚が前哨戦制し、12・29TDCホールでの“令和のAA砲”戦に向け弾み!

 DDTプロレスが12月14日、東京・新宿FACEで「DDT FREE -December-」を開催。同29日にTOKYO DOME CITY HALLで開催される今年最後のビッグマッチ「NEVER MIND 2022」で、“令和のAA砲”(赤井沙希、荒井優希=SKE48)と対戦する元アクトレスガールズの安納サオリ(フリー)と川畑梨瑚(T-HEARTS)が前哨戦を制して弾みをつけた。

 この日、安納と川畑は赤井、長谷川美子(ガンバレ☆プロレス)組と激突。赤井と安納は激しいビッグブーツ合戦を展開。

 安納と川畑はサンドウィッチ式でダブルキックを赤井に叩き込み、安納がジャーマンで赤井を排除。長谷川が安納を丸め込みで形勢逆転を狙うも、安納はスペシャル・ポテリングで長谷川を固めてピンフォールを奪った。

 安納が「沙希さん、お久しぶりです。久しぶりのあのたん(安納)はどうでしたか? まだまだですよ。12月29日、もっと味わってください」とアピールすると、赤井は「あのたん、梨瑚ちゃん。楽しみにしてるわ」と返した。

 バックステージで安納は「DDTさんのリングに上がるのは約2年ぶり。自分をアピールする場もそうですし、赤井沙希に私のことを味わってもらえる一戦になると思って、この場に来ました」、川畑は「29日はもっと大きい会場で、川畑梨瑚を見せつけられると思うと楽しみ。赤井選手から私がスリーを取るくらいの意気込みで臨みたい」と話した。AA砲は現在、プリンセスタッグ王座を保持しているが、安納は「あの2人から勝ったら最高じゃない。29日は何もなしで戦うけど、その後どうなるか、終わってから考えよう」とベルトにも興味を示した。

 赤井は「ここで勢いつけたかったんですけど、川畑選手、安納選手、前回試合したときより、パワーアップしてるように感じました。今日前哨戦やれてよかった。気合入りました」と気を引き締めていた。

【大会名】DDT FREE -December-
【日時】2022年12月14日(水)
【会場】東京・新宿FACE
【観衆】437人(超満員札止め)

▼オープニングマッチ 2vs3ハンディキャップマッチ~ノータッチルール 30分一本勝負
○飯野“セクシー”雄貴&男色“ダンディ”ディーノ with 今成“ファンタスティック”夢人 vs 彰人●&MAO&須見和馬
8分16秒 正常な位
※12月29日TDCホールで行われるフェロモンズvs討伐連合軍の試合で討伐連合軍が敗れた場合、敗れた選手がフェロモンズに1日体験入店することが決定。

▼第二試合 トライアウトマッチ 30分一本勝負
○勝俣瞬馬 vs アナルコ・モンターニャ●
8分48秒 片エビ固め
※¡Hasta la vista!

▼第三試合 Road to NEVER MIND 2022!スペシャルタッグマッチ 30分一本勝負
赤井沙希&●長谷川美子 vs 安納サオリ○&川畑梨瑚
10分7秒 スペシャル・ポテリング

▼第四試合 30分一本勝負
高木三四郎&火野裕士&○大石真翔 vs 高尾蒼馬&高鹿佑也&正田壮史●
9分17秒 エビ固め
※火野の逆水平チョップ

▼第五試合 スペシャル8人タッグマッチ 30分一本勝負
HARASHIMA&大鷲透&●平田一喜&納谷幸男 vs 遠藤哲哉○&秋山準&鈴木鼓太郎&岡田佑介
14分8秒 首固め

▼緊急決定試合 30分一本勝負
○鈴木鼓太郎 vs 岡田佑介●
8分28秒 エビ固め
※タイガードライバー

▼セミファイナル 30分一本勝負
○佐々木大輔&KANON vs クリス・ブルックス&岡谷英樹●
11分55秒 エル・エス・クレロ

▼メインイベント Road to NEVER MIND 2022!スペシャルタッグマッチ 30分一本勝負
樋口和貞&●石田有輝 vs 上野勇希&小嶋斗偉○
22分41秒 エビ固め
※不思議の国の小嶋~KOJIMAワンダーランド~

〈写真提供:DDTプロレスリング〉

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加