【新日本】オカダ・カズチカvsウィル・オスプレイ 8.18日本武道館でのG1 CLIMAX決勝戦が『2022年度プロレス大賞』ベストバウトを受賞!オスプレイ「素直に嬉しいぜ」

新日本プロレスの現IWGP USヘビー級王者のウィル・オスプレイvsオカダ・カズチカのG1 CLIMAX決勝戦が『2022年度プロレス大賞』ベストバウトを受賞した。


※ベストバウトを受賞したG1 CLIMAX決勝

今年で49回目を迎える東京スポーツ新聞社制定『2022年度プロレス大賞』の選考会が12月15日に行われ、2022年8月18日に日本武道館で行われたG1 CLIMAX決勝戦、オカダ・カズチカ vs ウィル・オスプレイの試合がベストバウト賞を獲得。

この試合は、何度もお互いに決まりそうな場面をギリギリで返し、武道館が揺れる死闘となりオカダが史上4人目の『G1 』連覇を果たした。

受賞したオスプレイは「とにかく今年は自分自身、多くの選手とあらゆる激闘を戦い抜き実績も残した。数ある試合の中でオカダとの G1 決勝での激闘が今年の MOTY (Match of TheYear)に選ばれた事は紛れもない事実であり、受賞出来たことは素直に嬉しいぜ」と喜びを語った。

一方のMVPとのダブル受賞のオカダは「あの試合、Ḡ1 CLIMAXっていうのが凄く辛い大会だったんですけど、そんな中で決勝戦で獲ることができて凄い嬉しいですね。自分が優勝して獲ることができたんで、うん。ホント濃い1年でしたけれども、試合もそうですし、他のOBの方たちが来られたりして50周年凄い濃かったんですけれども。その中であの試合を評価して頂いて、獲ることができたというのが凄く嬉しいですね」とコメント。

オスプレイは来年1月4日の東京ドーム大会で行われるIWGP USヘビー級選手権試合にてAEWのケニー・オメガの挑戦を受ける。

関連記事:【新日本】オカダ・カズチカが日本武道館が揺れる激戦を制して史上4人目の『G1 』連覇!8.18日本武道館

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加