【ノア】「“丸KEN”は過去!今現在を走っているのは俺たち“タカ&サトシ”だ!」世界でイチバン“あぶないタッグ”タカ&サトシインタビュー!

プロレスリング・ノアが2023年1月1日に日本武道館大会でGHCタッグ王座をかけて戦う王者組の杉浦貴、小島聡に話を聞いた。

時代を築いた丸KENタッグに対して現王者組はなにを思うのだろうか。

【以下インタビュー】

——まず、小島選手はいつものサングラスですが、杉浦選手はいつものサングラスじゃないですね。

杉浦貴「聞いてなかった。サングラス持って来いって言われてなくて。今は普段しているサングラスをたまたましてきて…まぁ忘れたと」

小島聡「タッグに対する思い入れがね、ちょっと足りないんじゃないかなっていう気もしますけど。少しだけ」

杉浦貴「一つ言わせてもらうと、ここに座ってスタンバイするじゃないですか。(小島選手が)サングラス持ってきてなかったですからね」

小島聡「(笑)」

杉浦貴「なんならベルトもね、“あっ”ていう(笑)」

——では改めて、丸KENタッグの印象について教えてください。

杉浦貴「当時は僕もちょうどジュニアで、NOAHジュニアでやっていた頃で。同じジュニアとして嫉妬心はあって。そういう意味ではまたこういう巡り会わせで戦えるのはうれしいですね」

小島聡「自分はちょっと離れた場所から見ていた立場なので。色んな意味で凄いタッグチームだなと思っていました。自分だけが一番距離があると思うんですよね。丸KENタッグもそうだし、杉浦選手もそうだし。その3人と自分みたいな感じになっているかと思うんですが——」

杉浦貴「今、タカって言うところじゃないですか?(笑)」

小島聡「ああそうか(笑)なんとなく3対1みたいな感じもしたりするんですが、ただ自分もこの8カ月間ぐらいですか、プロレスリング・ノアでずっと戦ってきたっていう思いがあるので。その辺のところはその思いをちゃんと持って試合したいなと思っています」

——KENTA選手は杉浦軍の一員という事でよろしいのでしょうか。

杉浦貴「いやあんな感じだったんで、杉浦軍に入ったかどうかもはっきりしない感じだったので。Tシャツ渡したら“ダセェ、着れねぇ”って返されたんで。まぁ杉浦軍かどうかはわかんないんでね。ただ一つ言えるのは、ノアの元日武道館には必ず現れるようになってくるんじゃないですか?今後も」

——KENTA選手の印象はいかがでしょうか。

小島聡「頭が良いというかキレキレな感じで。頭もいいし身体もいいし動けるし二枚目だし。自分にないものをすべて持っている選手なので。でも逆にそれぐらい違う方が対比できていいのかと思っています」

杉浦貴「絶対に思ってないですよ、そんなこと(笑)俺の方がカッコいいとか、俺の方が全然動けるし、とか絶対思っていますから」

小島聡「すごく嫌な奴じゃないですか(笑)そこまで言うなんて嫌な奴じゃないですか」

杉浦貴「相手を上げるのは常套句ですから」

小島聡「いや本当にそう思っていますから。本当に凄いと思ってますから」

杉浦貴「これっぽっちも思ってない」

小島聡「そういう人間みたいに言うのやめてください(笑)」

杉浦貴「(笑)」

——小島選手は人生初の元日に試合という事になりますね。

小島聡「今回プロレスラーになって初めて経験することになりますね。元日はやっぱずっとお餅食べて紅白見てっていう生活しかしてなかった—」

杉浦貴「元日は紅白やってないです(笑)いかにでまかせかっていう(笑)」

小島聡「元日紅白?あ、大晦日ですね。大晦日に紅白見てそのまま元日になるっていうね。でも今回はお酒も飲まないですしね。だからその辺のところの思いっていうのは、プロレスラーになって32年で初めて元日に試合するっていうのはね、やっぱり一生忘れられない思い出になると思います」

——丸KENタッグの凄さとはどういうところだと思いますか。

小島聡「その二人が組んだっていう状態では試合していないんですけど、それが合体したらもっと凄くなってしまう。10倍にも20倍にもなってしまうっていう印象があるので。そこはもうタカに助けてもらうしかないですね」

——作戦を練ったり事前にお話をされることなどもされているのでしょうか。

小島聡「あの、タカの連絡先とかも知らないんですよ、正直…」

杉浦貴「教えたらもう終わりですよ」

小島聡「終わりの意味がわかんない(笑)」

杉浦貴「いや他の人に聞いた話では、返事が遅いと凄いしつこいくらい電話がかかってくる、ストーカー気質っていうんですか?ちょっと怖いんですよ」

小島聡「例えばLINEをして、1分2分で返ってこないから“お~い!”っていう、そんな酷いアレじゃないですよ?丸一日ぐらいしたら心配するじゃないですか。そこで“大丈夫ですか?”というのはなりますよね。まぁ私みたいなのはLINEとかしない方が良い人間なんで。まぁLINEだけじゃないんで、連絡先というのは。普通に連絡すればいいんで。まぁそれも知らないんですけど」

——防衛戦に向けての意気込みを教えてください。

杉浦貴「丸KENっていうのは時代を築いて、凄いビッグネームだと思うんだけど、それは過去のことなんで。今現在を走っているのは俺たちタカ&サトシなんで。過去と今の違いを見せつけたいと思います」

小島聡「今(杉浦選手が)言われた通り、今プラス未来を背負って戦っていきたいなっていうのがあるんで。その未来がいつまでっていうのはわからないけど、とりあえずね。未来っていうのが見えていると思うので、自分には。」

杉浦貴「未来はいつまであるんですか?」

小島聡「未来はわからないです」

杉浦貴「ノアとの契約はいつまでですか?(笑)」

小島聡「契約っていうその、そういう言葉とかじゃないです」

杉浦貴「もうノアやりつくしたと思ったりとか、また戻ったらね」

小島聡「いや契約っていう言葉とかじゃなくて、別に自分はその時の想いで組んで—」

杉浦貴「いや、想いでも契約がもう更新されなかったら、想いも—」

小島聡「契約とかじゃないです。本当に私のその想いでこういう風になっている。自分の気持ち次第で多分変わっていくと思うんですよね。4月30日に私がノアに来た時に、年内までいるって予想した人は誰もいないと思うんですよね。自分でもその時わからなかったし」

杉浦貴「いやわかるでしょ、契約で何年契約とか(笑)わかっているじゃないですか」

小島聡「わかってないです、わかってないわかってない。わかってないんですよ」

杉浦貴「大体1年じゃないですか(笑)」

小島聡「いや大体1年とかそういうんじゃないですよ。本当に決まってないんですよ。自分も知らないし。このままどういう風に今後なっていくのかわからないんですよ、正直。だからそれもあえて楽しみたいなっていうのがあって。先がわからない“あぶないタッグ”っていう感じじゃないですか。だからそれがまた自分たちの魅力の一つなのかなっていう気も勝手にしています」

◇こちらのインタビューはノア公式YouTubeにて全編公開されております。
ぜひ動画本編もご視聴下さい
・視聴ページ: https://youtu.be/yGJbKCw9D64

★12月19日(月)東京・後楽園ホール大会 
 ABEMAでのご視聴はこちら→https://abema.app/eZLR

【1.1日本武道館大会情報】
ABEMA presents NOAH “THE NEW YEAR” 2023
・日時:2023年1月1日(祝・日) 開始:16:00 / 開場:15:00
・会場:日本武道館

【既報対戦カード】

<GHCヘビー級選手権>
(王者)清宮海斗 VS 拳王(挑戦者)
※第41代王者の3度目の防衛戦となります。

<GHCタッグ選手権>
(王者)杉浦貴 小島聡 VS 丸藤正道 KENTA(挑戦者)
※第62代王者組の3度目の防衛戦となります。

<スペシャルシングルマッチ>
グレート・ムタ VS SHINSUKE NAKAMURA

<6人タッグマッチ>
船木誠勝 中嶋勝彦 征矢学 VS X 藤田和之 ケンドー・カシン

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加