【ノア】稲村を非情KO!船木がナショナル王座返り咲きに意欲「もう一回狙いたい」


©️NOAH

プロレスリング・ノアは12月18日(日)、東京・新木場1stRINGにて『金剛興行 DIAMOND 5』を開催。

第3試合は船木誠勝と稲村愛輝がシングルマッチで対戦し、9分40秒 ランニング・ニーリフトで船木が勝利を収めた。

伸び盛りの稲村をKOして見せた前GHCナショナル王者の船木は「来年はもう一回ベルトを狙っていきたいと思います」と宣言。

『金剛興行 DIAMOND 5』
日程: 2022年12月18日(日)
開始: 17:30 開場:16:45
会場: 新木場1stRING
観衆:288人(札止め)

<試合結果>

▼第3試合 シングルマッチ
船木誠勝 〇
vs
稲村愛輝 ×
9分40秒 ランニング・ニーリフト → 片エビ固め

船木「キツかったですね。体重が120か130ですか。30~40キロ違うんで、どう攻略しようか…持ち上げられないし…。少し“やられたフリ”をして相手を動かして、そこから行きました。それしか方法が無かったですね。グラウンドでも体重で押し切ってくるし、打撃も吸収しますからね。やればやるほどこっちが疲れる…。体重差ホントでかいなと思いましたね。久しぶりに。ただ、ナショナル王座戦で(ワグナーJr.に)負けたもん同士、3位決定戦みたいな感じで。これであっちが3番目だと。もう一回、ナショナルやりたいな思います。来年はもう一回ベルトを狙っていきたいと思います」

<写真提供:プロレスリング・ノア>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加