【WWE】シナ&オーエンズが電撃タッグ!“ブラッドライン”レインズ&ゼインとの対戦が決定

イリノイ州シカゴのオールステート・アリーナにて行なわれたスマックダウンが日本時間12月18日に配信された。


©2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.

ジョン・シナがケビン・オーエンズとタッグを組んで“ザ・ブラッドライン”ローマン・レインズ&サミ・ゼインと2週間後のスマックダウンで対戦することが決定した。

WWEユニバーサル王者レインズ(with ソロ・シコア&ポール・ヘイマン)が控室でWWEオフィシャルのアダム・ピアースを呼び出すと、ヘイマンが「レインズ&ゼインがオーエンズと対戦だ。オーエンズのパートナーは誰でも構わない。2022年で最大のタッグ戦だぞ」と伝えて2週間後のスマックダウンで対戦することが決定した。


©2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.

さらにSDエンディングではザ・ブラッドラインが勢揃いでリングに登場すると、レインズが「オーエンズがゼインに付き纏っている。ゼインの問題はブラッドラインの問題だ。解決策は俺がゼインと組んでオーエンズと対戦することだ」と因縁のオーエンズとの対戦に言及した。

続けてゼインは「オーエンズは俺に付き纏い、皆を裏切った。奴の友達は俺ぐらいしかいないんだ」と敵対するオーエンズを友達と呼んでしまうが、すぐに過去形に訂正。


©2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.

リングに気まずい空気が流れたが、そこで突如会場ビジョンにシナが登場した。

シナはオーエンズからのメールとして「シナは今年以外、20年間試合に出場し続けている。俺のタッグパートナーとして試合出場はどうだ?」と内容を紹介すると、「オーエンズとタッグを組めば、レインズ&ゼインと対戦だって。もちろん、今年最後のSDでブラッドラインと激突だ」と言ってオーエンズの要請を受諾した。


©2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.

【関連サイト】

WWEネットワーク: http://network.wwe.com

 ※生放送終了後、ビデオオンデマンド方式で視聴可能です。

※WWEネットワークは英語でのサービスです。日本語字幕はありません。

WWE YouTubeチャンネル

https://www.youtube.com/c/WWE/featured

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加