【DDT】12・29TDCホールでの秋山VSササダンゴのEXTREME王座戦は「減量できなかったら即通常ルール!」に!

 DDTプロレスが12月26日、今年最後のビッグマッチ「NEVER MIND 2022」(同29日、TOKYO DOME CITY HALL=TDCホール)の直前記者会見を都内で開き、王者・秋山準VS挑戦者スーパー・ササダンゴ・マシンのDDT EXTREME王座戦は、「ササダンゴ・マシン45歳、減量できなかったら即通常ルール!スペシャル」で行われることが決まった。

 会見が始まると、秋山はササダンゴのマスクを被って登壇。ところが、ササダンゴはラジオ収録の仕事が押して遅刻する失態。

 冒頭、新王者・秋山の要望が通り、ベルトの色が紫から白に塗り替えられたことが発表され、今後は“白GHC”ならぬ“白EXTREME”として運用されることになった。

 秋山が「チャンピオンが来て、チャレンジャーが来てないって。本気で怒ってるんで」と怒っていると、ササダンゴが遅れて到着。

 同王座戦は王者がルールを指定できるが、秋山は「ゴリゴリのプロレスやっても大丈夫なの? ベルトを白に替えてもらったということで、チャレンジャーに面白いルールを考えてもらっていい」と譲歩。

 すると、ササダンゴは「12・4後楽園で挑戦表明させてもらったとき、125キロから105キロまで落として来いと言われ…厳密には127キロあったんですけど。試合直前に行われる計量で、105キロ以下になった場合、私が考えたEXTREMEなルール(当日発表)で。減量失敗の場合、私にとって最もEXTREMEなゴリゴリのPWFルールで挑戦させていただく。両者の間を取った中立的なルール」と希望。

 さらにササダンゴは「ここからは心理戦で。127キロから117まで落ちてる。あと12キロですが、あと3日しかない。情状酌量というか…」と懇願すると、秋山は「110キロでいい」と歩み寄った。

 減量に失敗すれば、場外カウントが10になるなど、厳格なPWFルールでの戦いになるが、ササダンゴは「私が場外に逃げる余裕があればの話」と自信なさげ。秋山が「PWFルールなら、もしかしたら和田京平さんを用意しなきゃいけない。京平さんを怒らせたら大変。松井(幸則)さんも何も文句言えない」と言うと、ササダンゴは冷や汗をかいていた。

 果たして、ササダンゴは試合当日まで、あと7キロ減量することができるだろうか?

大会名:NEVER MIND 2022
日時:2022年12月29日(木) 開場15:30 開始17:00
会場:東京・TOKYO DOME CITY HALL

■対戦カード

○KO-D無差別級選手権試合
<王者>樋口和貞 vs 上野勇希<挑戦者>
※第79代王者5度目の防衛戦。

○DDT EXTREME選手権試合
<王者>秋山準 vs スーパー・ササダンゴ・マシン<挑戦者>
※第56代王者の初防衛戦。
※ルール未定。

○KO-D6人タッグ選手権試合
<王者組>土井成樹&大鷲透&平田一喜 vs 遠藤哲哉&鈴木鼓太郎&岡田佑介<挑戦者組>
※第48代王者組の初防衛戦。

○スペシャルシングルマッチ
青木真也 vs 橋本千紘

○インターナショナル4WAYマッチ
佐々木大輔 vs クリス・ブルックス vs MAO vs カーラ・ノワール

○スペシャルタッグマッチ
竹下幸之介&納谷幸男 vs 関本大介&RSP

○スペシャルタッグマッチ
赤井沙希&荒井優希 vs 安納サオリ&川畑梨瑚

○フェロモンズvs“都&区”フェロモンズ討伐連合軍~解散&愛犬コントラ一日体験入店
飯野“セクシー”雄貴&男色“ダンディ”ディーノ&今成“ファンタスティック”夢人&竹田“シャイニングボール”光珠vs 彰人&西村修&川松真一朗&勝俣瞬馬
※フェロモンズが敗れた場合、フェロモンズは解散し、ディーノの愛犬・ハク(11カ月)&飯野の愛犬リリー(1歳)が飼い主から引き離され勝俣が1カ月可愛がることとなる。
※討伐連合軍が敗れた場合、敗れた選手がフェロモンズに一日体験入店する。

○HARASHIMA&坂口征夫 vs 火野裕士&石田有輝

○高木三四郎 vs 正田壮史

○ダークマッチ
藤田ミノル&MJポー&KANON vs 高梨将弘&高尾蒼馬&アントーニオ本多

○ダークマッチ
岡谷英樹&小嶋斗偉 vs 高鹿佑也&須見和馬

▼大会詳細は公式サイトにて
https://www.ddtpro.com/schedules/18697

〈写真提供:DDTプロレスリング〉

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加