【DDT】“令和のAA砲”赤井沙希&荒井優希が外敵退け、イッテンヨンでのプリンセスタッグ防衛戦に弾み!

 DDTプロレスが12月29日、TOKYO DOME CITY HALLで今年最後のビッグマッチ「NEVER MIND 2022」を開催。赤井沙希&荒井優希(SKE48)の“令和のAA砲”がDDTマットで初めてタッグを結成し、元アクトレスガールズの安納サオリ、川畑梨瑚組を退けて、東京女子プロレスのイッテンヨン(1月4日、後楽園ホール)でのプリンセスタッグ王座防衛戦に弾みをつけた。

 昨年5月に東京女子でデビューした荒井は、他団体のリングに初参戦。DDTにはアイアンマンヘビーメタル級王座を保持していた2018年10月以来、4年ぶりの出場となった。AA砲はイッテンヨンで、“怪女コンビ”マックス・ジ・インペイラー&ハイディ・ハウイツァとの防衛戦を控えているだけに、負けられない一戦となった。

 序盤、安納が荒井の足を攻めると、荒井はドロップキック、サソリ固めで反撃。

 赤井と安納がビッグブーツの応酬から、安納が赤井にジャーマンを連発。AA砲が川畑にダブル・ビッグブーツを見舞うと、赤井が川畑に張り手を連発。

 安納と川畑が赤井にサンドウィッチ式のジャンピング・ハイキックを一閃。川畑のムーンサルトプレスを自爆させた赤井は、川畑にハイキック。荒井はフルネルソンバスターからFinally(カカト落とし)を叩き込んで安納を排除。

 AA砲は川畑にダブル・フェースバスター、ダブル新人賞を決めると、赤井がケツァル・コアトルで川畑を仕留めた。

 赤井は「年内最後の試合。試合前いろんなことを考えちゃったんですけど、前哨戦で負けちゃったとか。全部取っ払って、目の前にいる対戦相手と、信頼するパートナーと戦って無事に勝てたので、いい年を越せそうです」、荒井は「DDTさんに上がるのはデビューして初めてで、初めて尽くしで、いろんな緊張とかプレッシャーとかあったんですけど、やっぱり赤井さんがいると百人力です」と安堵の表情。さらに、赤井は「今日も優希ちゃんにすごく助けられたので、今までよりさらに頼もしいパートナーだなって。ベルトと一緒に年を越して、イッテンヨンで防衛戦があるので、怖めのガイジンさん二人。ベルトを防衛して、バレンタインに甘いチョコと一緒にベルト姿を見せたい」と気を引き締めていた。

  一方、安納は「荒井優希、なめてました。技の重さが頭にきた。アレ(Finally)は頭割れる。勝てなかったのは悔しいけど、またDDTさん上がるのかな。そのときはまた赤井沙希とやっていきたい」、川畑は「二人の連係とか、さすがチャンピオン。自分にないものを感じました。今度はあのベルトをかけて、また真っ向から勝負したい」と話した。

【大会名】NEVER MIND 2022
【日時】2022年12月29日(木)
【会場】東京・TOKYO DOME CITY HALL
【観衆】1,207人(超満員)

▼第一ダークマッチ 10分一本勝負
○岡谷英樹&小嶋斗偉 vs 高鹿佑也&須見和馬●
9分32秒 片エビ固め
※ダイビング・ニードロップ

▼第二ダークマッチ 10分一本勝負
藤田ミノル&MJポー&○KANON vs 高梨将弘&アントーニオ本多●&高尾蒼馬
9分31秒 コブラツイスト

▼オープニングマッチ 30分一本勝負
○高木三四郎 vs 正田壮史●
4分42秒 テキサス・クローバー・ホールド

▼第二試合 30分一本勝負
○HARASHIMA&坂口征夫 vs 火野裕士&石田有輝●
10分8秒 体固め
※蒼魔刀

▼第三試合 フェロモンズvs“都&区”フェロモンズ討伐連合軍~解散&愛犬コントラ一日体験入店 30分一本勝負
○飯野“セクシー”雄貴&男色“ダンディ”ディーノ&今成“ファンタスティック”夢人&竹田“シャイニングボール”光珠 vs 彰人&西村修&川松真一朗&勝俣瞬馬●
16分20秒 体固め
※バドンカドンク。勝俣のフェロモンズ一日体験入店が決定。

▼第四試合 スペシャルシングルマッチ 30分一本勝負
●青木真也 vs 橋本千紘○
8分21秒 オブライト

▼第五試合 スペシャルタッグマッチ 30分一本勝負
○赤井沙希&荒井優希 vs 安納サオリ&川畑梨瑚●
12分40秒 ケツァル・コアトル

▼第六試合 KO-D6人タッグ選手権試合 60分一本勝負
<王者組>土井成樹&大鷲透&●平田一喜 vs 遠藤哲哉○&鈴木鼓太郎&岡田佑介<挑戦者組>
12分25秒 エビ固め
※バーニングスター・プレス。土井組が初防衛に失敗、遠藤組が第49代王者組となる。

▼第七試合 DDT EXTREME選手権試合~ササダンゴ・マシン45歳、減量できなかったら即通常ルール!スペシャル 60分一本勝負
<王者>○秋山準 vs スーパー・ササダンゴ・マシン●<挑戦者>
2分30秒 体固め
※リストクラッチ式エクスプロイダー。第56代王者が初防衛に成功。
(注)トントンプロレス、トントン相撲は試合時間にカウントせず

▼第八試合 スペシャルタッグマッチ 30分一本勝負
竹下幸之介&○納谷幸男 vs 関本大介&RSP●
17分43秒 片エビ固め
※バックドロップ

▼セミファイナル インターナショナル4WAYマッチ 30分一本勝負
佐々木大輔 vs ●クリス・ブルックス vs MAO○ vs カーラ・ノワール
13分22秒 逆さ押さえ込み

▼メインイベント KO-D無差別級選手権試合 60分一本勝負
<王者>○樋口和貞 vs 上野勇希●<挑戦者>
27分57秒 体固め

〈写真提供:DDTプロレスリング〉

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加