【ZERO1】1.1後楽園大会に向け各選手コメントを発表

プロレスリングZERO1は1月1日、後楽園ホール大会に参戦する各選手のコメントを発表した。

★世界ヘビー級選手権試合 シングルマッチ30分1本勝負
(王者)田中将斗 vs マサ北宮(挑戦者・プロレスリング・ノア)

田中将斗 コメント
「残すところあと二日、幸先良いスタートを切れるか切れないかで、2023がどのようにいくか決まるかもしれない。北宮選手は防衛戦を戦った、サスケさんや大ちゃんとはタイプが違うが、タフなのと足殺しが上手いのは知っている、出たとこ勝負なとかはあるが、それはまったく問題なく良いスタートを勝利で決めたいと思います」

☆インターコンチネンタルタッグ選手権試合 タッグマッチ30分1本勝負
(王者組)太嘉文&松永準也 vs ヤス久保田&ヒデ久保田(挑戦者組)

太嘉文 コメント
「Twitterで言ってるようにZERO1入団前からできた点はずっと線になって今にきた。正直なところ、未来=若い人間だけという考え方は自分は持ってない。自分達のこのタッグ王座に挑戦するなら自分達はあなた方の歴史に挑戦する。若い自分らとベテランのあなた方どちらに託す未来が明るいのか決めましょう。」

松永準也 コメント
「風林火山を優勝できなかったのがもの凄く悔しい。これでベルトまでなくなったらもう何もなくなってしまう。ベルトは全力で防衛します!」

ヤス久保田 コメント
「風林火山タッグトーナメント優勝がまぐれでも偶然でも奇跡でもない事を証明する為に必ずタイトルを獲ります!!!ベルトを獲って2023年最高のスタートを切ります!!!」

ヒデ久保田 コメント
「今年の正月も同じ日、同じ会場でチャンスを貰いながら手にできなかったベルト!必ず獲って子ども食堂の子供達に持って帰る!」

★インターナショナル&世界ジュニア2冠選手権試合 シングルマッチ30分1本勝負
(王者)アストロマン vs 井坂レオ(挑戦者・Marvelous IMPACT)

井坂レオ コメント
「元日後楽園まで間も無く、ずっと大事なとこで後一歩届かなかったんだ。そしてそのジュニア二冠は今俺が一番欲しいベルトに変わった!後もう少し、必ず取って、自分にはやりたいことがある。チャンピオンになるのは俺だ!」

★オーバーザ100㎏ 6人タッグマッチ30分1本勝負
アジャコング(超花火プロレス)&佐藤嗣崇&不動力也(フリー) 
vs 
関本大介(大日本プロレス)&クリス・ヴァイス&橋本友彦(プロレスリングA-TEAM)

アジャコング コメント
「2023年 新春早々から無茶苦茶なカードに入れられて
相変わらず来年も『女子枠』扱いされてねぇなと(笑)まぁZERO1の期待値の表れと勝手に思って、暴れてやりますよ。それに、来年は『ホットジャパン』をより一層充実させるべく動いて行かなきゃと思っているので、来年もZERO1,超花火プロレスの応援を、よろしくお願いします!」

佐藤嗣崇 コメント
「新年早々デカい男達の戦いができるのは嬉しい限り、アジャさんは女性だけど、オレの中では漢の中の漢です!お年玉としてしっかり勝利します。」

不動力也 コメント
「自分はヘビー級というものに強いこだわりを持ってるので、こういうカードが組まれてめちゃくちゃ楽しみです!2023年は一発目から大怪獣バトルみたいなすごい試合をして度肝を抜いてやるからな!」

関本大介 コメント
「2023年、初っ端から背脂たっぷりの濃厚豚骨ラーメン的なカードをサンキューな。大好物だ。アジャ様は怖いんですけど…あの裏拳だけは喰らいたくないからやられる前にやってやる。とにかく2023年もスタートから関本突っ走ります!」

橋本友彦 コメント
「新年最初の日から、敵も味方も100キロ越えの選手ばかり。楽しみでしかありません。」

★新春スペシャルシングルマッチ Vol.2  シングルマッチ30分1本勝負
北村彰基 vs 菅原拓也

北村彰基 コメント
「新年一発目このシングルマッチ制して2023年最高のスタートを切りたいしシングルマッチではまだ菅原拓也から勝ったことがない。自分に勢付けるためにも必ず勝ちます」

菅原拓也 コメント
「余裕も差も無いのはわかっている。今、俺にあるもの全てを北村彰基にぶつける。そして勝つ。」

★新春スペシャルシングルマッチ Vol.1 シングルマッチ30分1本勝負
永尾颯樹 vs 阿部史典(プロレスリングBASARA)

阿部史典 コメント
「新年、フリーになってから一発目の後楽園ホール大会!一生懸命リハビリ中の大谷さんも思わずベッドから立ち上がって踊り出してしまう様な、バチバチのメロディを奏でて1月1日から全開で2023年を走って行きたいと思います!永尾!レッツ!バチバチ☆」

☆6人タッグマッチ 30分1本勝負
馬場拓海&ジョ・キョンホ&イム・ヒョンビン vs 横山佳和&政岡純&木下亨平

馬場拓海 コメント
「政岡、木下の2人には大阪で負けているのでその借りを返したいと思います。味方の韓流レスラーについては全く知らないので、タッグとして失敗するのか、上手く機能して相手の脅威になるのか、不安と期待があるのでとても楽しみですBB!まぁ、何があろうと最後に勝つのはBB一択でしょ!」

ジョ・キョンホ コメント
「大谷さんから学んだ精神は韓国にも、そして私の学生たちにも宿っています。熱い試合をお見せします。」

木下亨平 コメント
「2023年1試合目はゼロワン後楽園!ゼロワン東京には初登場のREAL HIPSTAR!観てもらったら全てわかる。オレたちが2023年ゼロワンJr.の中心になる2人やと!」

☆朱鷺裕基デビュー戦 シングルマッチ20分1本勝負
朱鷺裕基 vs 星野良

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加