邪道大仁田が全日本プロレスジャイアントシリーズに乱入!電流爆破の対戦を要求

1月3日に開催された全日本プロレス「#ajpw新春ジャイアントシリーズ2023」の第4試合前に、大仁田厚が突如乱入した。

かねてより古巣、全日本プロレスの窮状を憂いていた大仁田。自身の代名詞である電流爆破を持ち込みたいと、不穏な乱入予告をしていた。

諏訪魔、ヨシタツらが参戦した第4試合開始直前、大仁田は後楽園ホール観客入口から会場に乗り込み、悠然とそのままリング上へ上がった。「全日本プロレスさんよ!俺の電流爆破を受ける勇気はあるか!誰か出て来い!」と叫ぶと、マスクをかぶった入場前のヨシタツが呼びかけに呼応してリングに上がり、「おい、大仁田!正月にいきなりリングに上がって!全日本に電流爆破なんていらないんだよ!」と返したが、ヨシタツがマスクを脱いだ時、間髪入れず大仁田が毒霧攻撃を食らわす。

苦しむヨシタツを捕まえ、DDOを2連発で浴びせると、持参した書面を手に、「おいヨシタツよ、不易流行って知ってるから?古き伝統を大切にしながら、新しいものを取り入れていくという松尾芭蕉の言葉だ。」そして、「全日本は俺たちの心じゃ!」と叫び邪道はリングを降りた。

去り際に大仁田は観客席に視線を向けると、「おいお前ら!全日本を潰すなよ!」と叫び会場を後にした。

大仁田の書面全文
「伝統を踏まえつつ、一方で新しいものを取り入れることが大切と、芭蕉は説いたという。「不易流行」松尾芭蕉説 令和五年一月三日 邪道 大仁田厚」

〈写真提供:大仁田屋〉

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加