【新日本】オカダ・カズチカがジェイ・ホワイトとの激戦を制してIWGP世界ヘビー級王座を奪還!「猪木さん、僕たちの闘いは届きましたか!」<1.4東京ドーム>

新日本プロレスは1月4日に東京ドームにて『アントニオ猪木追悼大会 WRESTLE KINGDOM 17 in 東京ドーム ~闘魂よ、永遠に~』を開催した。

『アントニオ猪木追悼大会 WRESTLE KINGDOM 17 in 東京ドーム ~闘魂よ、永遠に~』
日時:2023年1月4日(水) 14:45開場 17:00開始
会場:東京・東京ドーム
観衆:26,085人

ダブルメインイベントⅡのIWGP世界ヘビー級選手権試合では王者のジェイ・ホワイトに『G1 CLIMAX 32』優勝して連覇をしたオカダ・カズチカが挑戦し、33分3秒レインメーカーでジェイを沈めて3カウントを奪い、見事にベルトを奪還した。

<試合結果>

▼第9試合 60分1本勝負
ダブルメインイベントⅡ IWGP世界ヘビー級選手権試合
<第5代チャンピオン>
ジェイ・ホワイト
vs
<チャレンジャー/『G1 CLIMAX 32』優勝者>
オカダ・カズチカ 〇
33分03秒  レインメーカー→片エビ固め
※ジェイが3度目の防衛に失敗。オカダが新チャンピオンとなる

するとリングにこの日、「KOPW 2023」決定戦4WAYマッチ進出権を獲得した鷹木が現れ「ちょっと、邪魔するぜー。オカダ、俺はちょうど1年前、ここでお前にそのベルトを獲られたこと、忘れたときがねぇんだよ! 昨年はお前が提唱したKOPWにずいぶん振り回されてなぁ~。だが、俺は俺なりに臥薪嘗胆(がしんしょうたん)することができた1年だった。いまの試合を見てわかるように、オカダはすごくて強い。これは間違いないことだ。だがよ、お客さんはよ、高いチケット買って見たいものは、非日常だよな? 単刀直入に言ってやろう。再び俺がそのIWGP世界ヘビー級王座を奪って、新日本プロレスに非日常の世界を見せてやろうじゃねぇか。わかりやすい挑戦表明だ。オカダ、いい返事、待ってるぜ」と挑戦表明をしてリングを後にした。

これにオカダは「鷹木さん。邪魔するんだったら帰って下さい」というと拍手が起こる。

そして改めてマイクにて「東京ドーム!今日も、熱い熱い熱い声援、本当にありがとうございました! 声援の力がすごいパワーになりました。本当にありがとうございました」と感謝を述べる。

続けて「そしてジェイ。マディソン・スクエアガーデンで闘って、東京ドームのメインイベントも闘って、次、また大きい素晴らしい舞台で、また闘おうぜ。ただな、まだ、お前とな、4勝2敗なんだよ。勝ち越しで終わらせねぇからな。まだまだやるからな、この野郎」とジェイに言葉を送ると「新日本プロレス50周年、1年間、本当にありがとうございました。こんだけお客さんが入って試合ができて、本当によかったです。ありがとうございました。そして、猪木さん 僕たちの闘いは届きましたか! まだ、50周年に来ただけなんで、猪木さんが作ったこの新日本プロレスを、闘魂を、どんどんどんどん受け継いで、100年、200年、新日本プロレスが続くように、まだまだ盛り上げていきますのでよろしくお願いします!そして、これから始まります51周年が、こんなもんじゃないですよ、新日本プロレス。50周年を超えて、もっともっと素晴らしい新日本プロレスを皆さんにお届けします。そして、天国の猪木さんにもお届けします!皆さんが応援してくれるかぎり、新日本プロレスを愛してくれるかぎり、まだまだ新日本プロレスは続いていきます。そして、この俺がIWGP世界ヘビー級チャンピオンでいるかぎり、51周年の新日本プロレスに!、カネの雨が降るぞー!」と高らかに宣言した。

そして花道を歩いていくと再びマイクにて「猪木さん追悼興行なのにこのまま終われないでしょう。せっかく声が出せるのに、このまま終われないでしょう! やりますか、皆さん。 猪木さんにとどけましょう!猪木さん、 新日本プロレスを創って下さり、本当にありがとうございましたー! いくぞーー、 1、2、3、ダー!」で大会を締めた。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加