【DDT】MAO&勝俣瞬馬がCDKを破りKO-Dタッグ王座初戴冠!1・29後楽園でΩの大石真翔&旭志織が挑戦

 DDTプロレスが1月3日、東京・後楽園ホールで新春興行「初夢2023」を開催。メインイベントのKO-Dタッグ王座決定戦はMAO&勝俣瞬馬の「しゅんまお」が、百戦錬磨の名コンビ「CDK」(クリス・ブルックス&高梨将弘)を破り、このチームとしては王座初戴冠。新王者組には同29日、後楽園で「Ω」の大石真翔、旭志織組が挑むことが決まった。

 同王座はハリマオの樋口和貞、吉村直巳組が保持していたが、吉村が首の負傷による欠場のため返上し、空位のまま年を越していた。

 試合は両軍ともに連係を含め、ノンストップのめまぐるしい攻防を展開。15分過ぎ、高梨が捕獲したMAOめがけて、クリスがダイビング・セントーンを発射。

 さらにCDKはダブルでトラースキック。「しゅんまお」はダブルのミラクルエクスタシーで叩きつける。「しゅんまお」は合体で連結してフォールを狙うもカウントは2。勝俣がクリスにトペを見舞うと、孤立した高梨に合体技「俺たちのまっどまっくす」を繰り出して3カウント奪取した。

 試合後、新王者組がサウナカミーナのメンバーと“熱波WER!!”で締めようとすると、大石と旭が登場。大石は「俺たちがお年玉を用意してきたよ。挑戦表明という名のお年玉だ」とアピール。MAOが「挑戦受けさせてやらなくもないよ」と受諾し、1・29後楽園での王座戦が決定した。大石は「1月29日、火野裕士がKO-D無差別級に挑戦する。タッグと2組とも獲ったら、DDTがΩ色に染まっちまうぞ」と無差別とのダブル戴冠を期した。

バックステージでMAOは「瞬馬とは苦節6年。タッグの始まりは2017年のグローバル・ジュニア・タッグリーグ。二人で他団体に出て、絆深くなって。ケガしたり、伸びたり。最後は違う道歩んだけど、サウナカミーナでタッグ獲っちゃって。俺たち、DDTの右翼の過激派として、DDTらしさを担っていきたい。路上プロレスでやりたい。大石&旭なんか足蹴りにして、次、柔軟な頭を持ったクリエイティブなヤツら、かかってきていいよ。どんなルールでもやってやる」、勝俣は「あの頃の大石&旭を見せてくれよ。ファンで見てた頃の。俺らにしかできない防衛戦とか会社に怒られてもやっていく」と新王者としての指針を示した。

 一方、王座奪還ならなかったクリスは「負けたけど楽しかった。しゅんまお、もう1回やりたい」、高梨は「DDTでもっとCDKで戦いたい。しゅんまおとも、大石&旭とも戦いたかった。いろんなとこで夢を叶えていってやる。今年40歳、DDTで20周年だ。せっかくそういう年なんで、どんどん実現して、すごいもん見せていくよ。今日の負けはそのための第一歩ということにしてくれや」と前を向いた。

 挑戦が決まった大石は「俺たちは結成した10何年前から、あんなすごい試合はしてねぇ。でも、20年やってきたんです。俺たちは俺たちのやり方でKO-Dタッグにたどり着こうと思います。2023年、タッグと言えば、大石&旭というのを思い出させてやります」、旭は「俺たちには1個だけすごいことがありますから。すごいの1個だけあれば十分なんです。彼らはすごいのバンバンしてくればいい。でも僕らはタフなんで。最後の最後でそれを見せますから」とコメント。

 また、DDTでは今年のビッグマッチとして、5月3日に横浜武道館大会、7月23日に両国国技館大会を開催することが発表された。

 なお、3・21後楽園に元WWEスーパースターのカリストことサムライ・デル・ソルの参戦が決まった。サムライはNXTタッグ、WWE US、WWEクルーザー級王座に就いたことがある実力者。

 この日、サプライズで登場したサムライは「DDT面白いな。頭には一つの名前しか浮かばない。ウエノ! オマエのUNIVERSALのベルトをかけて勝負しろ!」と意欲。さらに、AEWが誇る世界ナンバー1の“美形夫婦タッグ”キップ・セイビアンとペネロペ・フォードが2月に初来日し、同月18日の名古屋国際会議場大会、同月26日の後楽園大会に出場することもアナウンスされた。

【大会名】初夢2023
【日時】2023年1月3日(火)
【会場】東京・後楽園ホール
【観衆】759人(超満員札止め)

▼オープニングマッチ 30分一本勝負
○大石真翔&旭志織 vs 岡谷英樹&小嶋斗偉●
8分12秒 エビ固め
※サボテンの花

▼第二試合 30分一本勝負
飯野“セクシー”雄貴&×男色“ダンディ”ディーノ vs 彰人&アントーニオ本多×
7分13秒 無効試合
※今林久弥GMストップ

▼第三試合 新春スペシャル8人タッグマッチ 30分一本勝負
大鷲透&○平田一喜&火野裕士&納谷幸男 vs 新春ポコたん&坂口征夫&赤井沙希&須見和馬●
11分59秒 奇跡を呼ぶ一発逆転首固め

▼第四試合 アリスツアー presents スペシャル10人タッグマッチ 30分一本勝負
樋口和貞&HARASHIMA&RSP&高尾蒼馬&●石田有輝 vs 遠藤哲哉○&秋山準&鈴木鼓太郎&岡田佑介&高鹿佑也
10分41秒 エビ固め
※バーニングスター・プレス

▼第五試合 アリスツアー presentsスペシャルタッグマッチ 30分一本勝負
上野勇希&○カーラ・ノワール vs MJポー●&KANON
11分49秒 ブラックアウト・スリーパー

▼第六試合 スペシャルシングルマッチ 30分一本勝負
○竹下幸之介 vs 正田壮史●
10分2秒 体固め
※ザーヒー

▼セミファイナル DDT UNIVERSAL王座次期挑戦者決定戦 30分一本勝負
△土井成樹 vs 佐々木大輔△
時間切れ引き分け

▼メインイベント 第76代KO-Dタッグ王座決定戦 60分一本勝負
クリス・ブルックス&●高梨将弘 vs MAO○&勝俣瞬馬
19分2秒 エビ固め
※俺たちのまっどまっくす。しゅんまおが第76代王者組となる。

〈写真提供:DDTプロレスリング〉

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加