【東京女子】プリプリ王者・坂崎ユカが山下実優を退けV2に成功!3・18有明Cで瑞希と2年半ぶりのパートナー決戦へ

 東京女子プロレスが新春恒例のイッテンヨン(1月4日)・後楽園ホール大会「東京女子プロレス ’23」を開催。プリンセス・オブ・プリンセス王者の坂崎ユカが“最大のライバル”山下実優を死闘の末に退け2度目の防衛に成功。第5試合での同王座次期挑戦者決定6選手参加バトルロイヤルを勝ち抜いた瑞希が挑戦権を獲得し、3月18日の東京・有明コロシアム大会で2年半ぶりに坂崎とパートナー対決に臨むことが決定した。

 坂崎と山下は2021年6月6日の「CyberFight Festival」(さいたまスーパーアリーナ)以来、1年7ヵ月ぶりの一騎打ち。昨年11月、英国でプロレスリングEVE王座を奪取した山下は2冠王を目指す一戦となった。

 序盤、坂崎が場外で垂直落下式ブレーンバスターを繰り出せば、山下は場外でジャーマンを決める厳しい攻防。

 その後、坂崎が変型TeaTimeを見舞えば、山下が雪崩式アティテュードアジャストメントを一閃。壮絶なエルボーのラリーから、山下がハイキック。

 坂崎は垂直落下式ブレーンバスターで反撃し、魔法少女スプラッシュを放つも山下は剣山で阻止。山下がSkull Kickを決めるもカウントは2。山下はハイキックから後頭部にクラッシュ・ラビットヒートを叩き込む。

 坂崎がマジカルメリーゴーランドを繰り出せば、山下はハイキック。坂崎はローリングエルボーから、魔法少女にわとり野郎を決めて熱戦を制した。

 試合後、退場しようとしていた山下を呼び止めた坂崎は「またやるぞ!」と拳を突き出すと、場外の山下も涙でこれに応じた。

 坂崎は「ホント、全然思い通りにいかねぇ。山下実優、またいつか絶対にやる」とマイク。ここで次期挑戦権をゲットした瑞希がリングに上がると、坂崎は「すごくやりたくないけど」とポツリ。瑞希は「離れて強くなっていくユカッチ(坂崎)を見てて、置いてきぼりになった気持ちになったり。去年1年は自分に自信をつけようって頑張ってきて。今日ユカッチに勝ってほしい、試合したくない、いろんな気持ちがあったけど、やっぱりユカッチを超えたい。ユカッチの持ってるベルト、瑞希も持ちたいし、ユカッチからベルトを獲るのは瑞希じゃないとダメって思うし。それは誰にも譲れない。今日の試合見て、ユカッチ、メッチャ怖かったけど、そんなユカッチと戦いたい、超えたいって思った」と投げ掛けた。これを聞いた坂崎は「瑞希のこと、大好きやけど、これ(ベルト)はあげられんから。3月18日の有明で、これかけて二人で競争しよう」と決戦の場を3・18有明に指定した。

 バックステージで坂崎は「山下とのタイトルマッチはいつもエキサイティングで、他の選手とは違う感情がお互いに湧いてきて。山下としかできない戦い方だったと思います。でも、また山下とやんないといけない。二人の物語は全然終わらないという試合になったので。またお互い高め合って、自分のベルト磨いて、国内外いろんな選手と戦って、また二人が出会えたらなと思いました」と振り返った。

 次期挑戦者が瑞希に決まったことについては、「東京女子最大の会場、有明で。山下とは違うやりにくさのある瑞希と、このベルトをかけて。また瑞希との物語を進めていきたいと思います」と話した。タイトル戦までタッグを組み続けるかどうかに関しては「マジラビ(マジカルシュガーラビッツ)はマジラビなんで。二人の仲がよければよいほど、有明の試合も違うストーリーができると思うので。コンビはそのままです」として、タッグ封印はしない意向だ。

 かたや、瑞希は「最後、伊藤(麻希)さんから、こういう形だったけど、勝ったのはすごい大きい。東京女子を背負っていく覚悟は、去年みぃちゃん(山下)とイッテンヨンで戦ったときからできてて。ユカッチがチャンピオンの姿が好きで、複雑な気持ちになってたけど、ずっと目標はユカッチを超えたいってことだし。ユカッチから勝つのは自分じゃなきゃヤダって思えるようになってきたので。それで今日のバトルロイヤルは絶対に勝ってやるって」と話した。坂崎とは2020年11月7日、TOKYO DOME CITY HALLでのプリプリ王座戦以来、2年半ぶりのシングル戦となるが、「前回、今までになったことない感情になって。すごく説明できない感情で。またこの感情が始まるのかって。ウカウカしてられないし、ユカッチを超えるためには自分のすべきことを全部しなきゃいけないし。ずっと超えたいと思ってたから全部ぶつけたい」と覚悟を示した。

 また、3月31日(日本時間4月1日)に米カリフォルニア州ロサンゼルス・グローバル・シアターで米国興行を行うことが決まった。12~15人の選抜メンバーと外国人選手が参戦する。東京女子では2020年4月にフロリダ大会を行う予定だったが、コロナ禍のため中止した経緯があり、3年越しの悲願となる。

【大会名】東京女子プロレス ’23
【日時】2023年1月4日(水)
【会場】東京・後楽園ホール
【観衆】1111人(超満員)

▼第一試合 HIMAWARIデビュー戦 15分一本勝負
○愛野ユキ vs HIMAWARI●
6分5秒 片エビ固め
※ヴィーナスDDT

▼第二試合 上原わかなデビュー戦 20分一本勝負
○宮本もか&長野じゅりあ vs 遠藤有栖&上原わかな●
9分15秒 羅生門

▼第三試合 20分一本勝負
○角田奈穂&桐生真弥&鳥喰かや vs らく&原宿ぽむ&猫はるな●
8分36秒 片エビ固め
※紫電改

▼第四試合 新春兎にも角にもウサちゃんマッチ 15分一本勝負
○中島翔子 vs ハイパーミサヲ○
14分53秒 当たり
※勝者は中島とミサヲ。リング上空に吊るされたうさぎのぬいぐるみ3体のうち「当たり」を引いた選手が勝利となる特別ルール。

▼第五試合 プリンセス・オブ・プリンセス王座次期挑戦者決定6選手参加バトルロイヤル 時間無制限勝負
○瑞希<5> vs 伊藤麻希●<2>
16分58秒 キューティースペシャル
※< >内は入場順。
【退場順】
①○上福ゆき<3> vs 乃蒼ヒカリ●<1>
4分52秒 オーバー・ザ・トップロープ
②○伊藤麻希 vs 上福ゆき●
6分20秒 オーバー・ザ・トップロープ
③○瑞希 vs 辰巳リカ●<4>
8分2秒 横入り式エビ固め
※伊藤、鈴芽とともに押さえ込む。
④○伊藤麻希 vs 鈴芽●<6>
10分40秒 伊藤パニッシュ

▼第六試合 インターナショナル・プリンセス選手権試合 30分一本勝負
<王者>○渡辺未詩 vs トリッシュ・アドラ●<挑戦者>
10分34秒 体固め
※ティアドロップ。第9代王者が2度目の防衛に成功。

▼セミファイナル プリンセスタッグ選手権試合 30分一本勝負
<王者組>赤井沙希&●荒井優希 vs マックス・ジ・インペイラー○&ハイディ・ハウイツァ<挑戦者組>
11分29秒 体固め
※マスターブラスター。令和のAA砲が4度目の防衛に失敗、インペイラー組が第11代王者組となる。

▼メインイベント プリンセス・オブ・プリンセス選手権試合 30分一本勝負
<王者>○坂崎ユカ vs 山下実優●<挑戦者>
16分8秒 片エビ固め 
※魔法少女にわとり野郎。第11代王者が

〈写真提供:東京女子プロレス〉

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加