【東京女子】“令和のAA砲”赤井沙希&荒井優希が怪女コンビに敗れプリンセスタッグ王座陥落!「トーナメントで勝ち上がってベルトを獲り返さないと示しがつかない」

 東京女子プロレスが新春恒例のイッテンヨン(1月4日)・後楽園ホール大会「東京女子プロレス ’23」を開催。快進撃を続けてきた赤井沙希&荒井優希(SKE48)の“令和のAA砲”が“怪女コンビ”ザ・ウエイストランド・ウォー・パーティー(マックス・ジ・インペイラー&ハイディ・ハウイツァ)に敗れ、プリンセスタッグ王座から陥落。ベルトは米国に流出することになった。

 昨年8月と10月に来日したインペイラーは178センチ、95キロの怪物で、その正パートナーのハウイツァも173センチ、77キロで、女子としては大型のバケモノコンビだ。AA砲は昨年7月9日、大田区総合体育館でマジカルシュガーラビッツ(坂崎ユカ&瑞希)を破って王座を奪取すると、3連続防衛を果たしてきた。

 奇襲をかけた怪女コンビはパワーで圧倒し、コンビネーションも上々。対する赤井はハウイツァにキック、荒井はインペイラーにエルボー、ビッグブーツ、ドロップキックを叩き込んで必死の攻め。

 赤井はインペイラーを三角絞めで絞り上げるも、決められず。

 AA砲はインペイラーにダブルの串刺しビッグブーツ、ダブル新人賞を見舞うも決定打にならず。

 ゾンビのごとく立ち上がったインペイラーは荒井にラリアット連発。そして、ハウイツァとのマスターブラスター(合体式ボディプレス)で荒井を圧殺してリングに沈めた。

 ベルトを落とした赤井は「自分もキャリア9年なんで、いろんな選手とやってきたんですけど、あのタイプは初めてで。ベルトはなくなったんですけど、新年早々こういう思いをさせてくれて、そういう意味では対戦相手に感謝してます。優希ちゃんのことが心配だったんですけど試合後の目を見て、全然火は消えてないと思ったんで。うちらに火をつけさせてくれて感謝です」、荒井は「ホントに怖かったんですけど、2023年一発目の試合だったので、しっかりベルトを守って、今年もチャンピオンとして頑張りたかったんですけど。すごいショックというか、ビックリというか、まだ実感がわかないんですけど、もう1回気を引き締めて頑張れってことだと思うんで。トーナメント(“ふたりはプリンセス”Max Heartトーナメント)も赤井さんと出るので、またもう1回ベルトに挑戦できるくらい頑張りたいなって思います」と話した。これを聞いた赤井は「そのトーナメントが決まったときと、今では自分の気持ちが違うものになったんで、勝ち上がってベルトを獲り返さないと示しがつかない」と決意をみなぎらせていた。

 一方、ベルトを奪取したハウイツァは「思った通りの結果になったし、思った通りピンクのベルトは私たちのほうが似合う。あの子たちは残念っていうしかない。東京女子が次に私たちに当ててくるヤワな女の子が誰になるのか楽しみ」と高笑いしていた。

【大会名】東京女子プロレス ’23
【日時】2023年1月4日(水)
【会場】東京・後楽園ホール
【観衆】1111人(超満員)

▼第一試合 HIMAWARIデビュー戦 15分一本勝負
○愛野ユキ vs HIMAWARI●
6分5秒 片エビ固め
※ヴィーナスDDT

▼第二試合 上原わかなデビュー戦 20分一本勝負
○宮本もか&長野じゅりあ vs 遠藤有栖&上原わかな●
9分15秒 羅生門

▼第三試合 20分一本勝負
○角田奈穂&桐生真弥&鳥喰かや vs らく&原宿ぽむ&猫はるな●
8分36秒 片エビ固め
※紫電改

▼第四試合 新春兎にも角にもウサちゃんマッチ 15分一本勝負
○中島翔子 vs ハイパーミサヲ○
14分53秒 当たり
※勝者は中島とミサヲ。リング上空に吊るされたうさぎのぬいぐるみ3体のうち「当たり」を引いた選手が勝利となる特別ルール。

▼第五試合 プリンセス・オブ・プリンセス王座次期挑戦者決定6選手参加バトルロイヤル 時間無制限勝負
○瑞希<5> vs 伊藤麻希●<2>
16分58秒 キューティースペシャル
※< >内は入場順。
【退場順】
①○上福ゆき<3> vs 乃蒼ヒカリ●<1>
4分52秒 オーバー・ザ・トップロープ
②○伊藤麻希 vs 上福ゆき●
6分20秒 オーバー・ザ・トップロープ
③○瑞希 vs 辰巳リカ●<4>
8分2秒 横入り式エビ固め
※伊藤、鈴芽とともに押さえ込む。
④○伊藤麻希 vs 鈴芽●<6>
10分40秒 伊藤パニッシュ

▼第六試合 インターナショナル・プリンセス選手権試合 30分一本勝負
<王者>○渡辺未詩 vs トリッシュ・アドラ●<挑戦者>
10分34秒 体固め
※ティアドロップ。第9代王者が2度目の防衛に成功。

▼セミファイナル プリンセスタッグ選手権試合 30分一本勝負
<王者組>赤井沙希&●荒井優希 vs マックス・ジ・インペイラー○&ハイディ・ハウイツァ<挑戦者組>
11分29秒 体固め
※マスターブラスター。令和のAA砲が4度目の防衛に失敗、インペイラー組が第11代王者組となる。

▼メインイベント プリンセス・オブ・プリンセス選手権試合 30分一本勝負
<王者>○坂崎ユカ vs 山下実優●<挑戦者>
16分8秒 片エビ固め 
※魔法少女にわとり野郎。第11代王者が

〈写真提供:東京女子プロレス〉

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加