【新日本】チャンピオン同士の夢タッグで勝利したオカダ&ケニーが試合後バックステージで語る

新日本プロレスは、1月5日大田区総合体育館で『NEW YEAR DASH!!』を開催。

『NEW YEAR DASH!!』
日時:2023年1月5日(木) 17:00開場 18:30開始
会場:東京・大田区総合体育館
観衆:2,713人

メインイベントでは、前日の東京ドーム大会でベルトを奪取したケニーとオカダが豪華タッグを結成し、UNITED EMPIREのコブ&ヘナーレと対戦。

最後はケニーとオカダの流れるような連携でヘナーレにラリアットとVトリガーで挟み撃ち。

オカダが駄目押しのレインメーカーからの片エビ固めでヘナーレを沈めた。

<試合結果>

▼第7試合 30分1本勝負
ケニー・オメガ
オカダ・カズチカ 〇
vs
アーロン・ヘナーレ ×
ジェフ・コブ
13分36秒  レインメーカー→片エビ固め

■試合後バックステージコメント

ケニー「手早く終わったな。UNITED EMPIREのリーダーを昨日倒して、そして今日はユニットのブレインを倒し、筋肉を断ち切って、骨の随までユニットを終わらせる。それが俺のやり方だ。もしこのベルトがほしくても、楽には渡さないぞ。覚えてろよ。もしオマエらが最強というならば、UNITED EMPIREというチームが強いということをまずは証明してみるがいい。コブ、このベルトがほしいのか? ならばアメリカにこの俺を探しに来ればいい。コブだけじゃない、UNITED EMPIREのメンバーだけじゃない、新日本プロレスの選手たち、地球上にいるみんな、グッドバイ・アンド・グッドナイト。バン!」

オカダ「いやぁ……キツかったですね。ホントに昨日アレだけの試合をした後で、よくね、去年とか2日連続でやってたなと思いますけども、昨日のダメージがちょっと大きくて、至るところが痛くて。まぁでもね、しっかりと横で助けてくれるパートナーがいたんでね、しっかりとね、チャンピオン同士で勝つことができました。まぁ、皆さん予想もしてないパートナーだと思いますんで、ちょっと遅いですけどいいお年玉、昨日に続き今日もお年玉が皆さんにプレゼントできたんじゃないかと思います。まぁね、51周年イヤーもスタートしたことですし……まぁ正直、何も変わらないです。僕たちはリング上でしっかりと戦っていくだけなんで。その姿をしっかりとお見せしますし、まぁいろんな今日のメインのパートナーとかもそうですし、サプライズでね、みんながビックリするようなこともまだまだ提供できるかなと思いますんで、しっかりとね、休みます、僕は(笑)。まぁね、僕も若くはないですからね。しっかりとケアする時間というのも増えてきてますし、次のシリーズ、100%のオカダ・カズチカを見せるためにもしっかりと休みつつ、でもね、もちろんこの新日本プロレスのIWGP世界ヘビー級チャンピオンとしてですね、プロレスを皆さんに届けていくってことをやらなきゃいけないと思いますから、そこはしっかりとやって、次のシリーズ、しっかりと100%のオカダ・カズチカ、100%のIWGP世界ヘビー級チャンピオンをお見せしていきたいと思います。ありがとうございました!」

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加