【東京女子】愛野ユキが岡山凱旋試合で勝利を挙げ故郷に錦飾る!「みんなの優しさ、温かさに支えられてやっていけてます」と涙

 8日、岡山コンベンションセンターにて東京女子プロレスが「TJPW CITY CIRCUIT WINTER~岡山公演~」を開催。地元凱旋の愛野ユキがメインイベントで勝利をつかみ、故郷に錦を飾った。

 過去2回の凱旋興行では姉の天満のどか(引退)、中島翔子とのトリオ「東女特撮部」で出陣してきた愛野は今回、中島とのコンビで辰巳リカ&上福ゆき組と対戦した。

 のどかを土台に愛野、さらに中島が肩車で連なる「合体」は成功を見なかったが、今回は愛野に中島が肩車で乗る「合体」を披露。バランスは保てたものの、上福のサミングが届いてしまう背の低さを露呈して失敗に終わる。しばらくローンバトルを強いられた愛野だが、ショルダーアタックでピンチを打開すると、替わった中島が躍動。

 愛野が上福にサイド・スープレックスと同時に中島も辰巳にノーザンライト・スープレックスを発射。中島が場外の辰巳をトペ・コンヒーロで釘付けにすると、愛野が上福にヴィーナスDDTを決めてフォールを奪った。

 試合後、愛野は「私、家族が大好きなんですけど、その家族と同じぐらい東京女子プロレスが大切で、そのみんなと地元の岡山に来て、こうやって興行ができて。遠くから来てくれた人、普段プロレスを見ない人も来てくれて、みんなの優しさ、温かさに支えられてやっていけてます」と涙ながらに感謝の言葉を述べて大会を締めくくった。

【大会名】TJPW CITY CIRCUIT WINTER~岡山公演~
【日時】2023年1月8日(日)
【会場】岡山・岡山コンベンションセンター
【観衆】284人

▼オープニングマッチ 15分一本勝負
○宮本もか vs HIMAWARI●
5分33秒 羅生門

▼第二試合 15分一本勝負
○瑞希 vs 鳥喰かや●
6分39秒 体固め
※ダイビング・フットスタンプ

▼第三試合 20分一本勝負
○乃蒼ヒカリ&角田奈穂 vs らく&原宿ぽむ●
10分30秒 ブリザード・スープレックス・ホールド

▼第四試合 15分一本勝負
●ハイパーミサヲ vs トリッシュ・アドラ○
6分50秒 片エビ固め
※ショートレンジ・ラリアット

▼第五試合 20分一本勝負
○渡辺未詩&鈴芽 vs 伊藤麻希&桐生真弥●
13分38秒 体固め
※ティアドロップ

▼セミファイナル 20分一本勝負
坂崎ユカ&●遠藤有栖 vs マックス・ジ・インペイラー○&ハイディ・ハウイツァ
9分46秒 体固め
※マスターブラスター

▼メインイベント 20分一本勝負
中島翔子&○愛野ユキ vs 辰巳リカ&上福ゆき●
14分3秒 片エビ固め
※ヴィーナスDDT

〈写真提供:東京女子プロレス〉

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加