【ノア】清宮がAMAKUSAとの王者対決を制す!1・21横浜アリーナへ向けて「もう悔しい涙は流さないです」

プロレスリング・ノアは1月9日(月)、横浜ラジアントホールにて『SUNNY VOYAGE 2023』を開催した。

『SUNNY VOYAGE 2023』
日程: 2023年01月09日(月)
開始: 17:30 開場:16:45
会場: 横浜ラジアントホール
観衆:227人

メインではGHCヘビー級王者の清宮海斗とGHCジュニアヘビー級王者のAMAKUSAとのシングル王者対決がマッチメイクされ、清宮が18分28秒 変型タイガードライバーでAMAKUSAから勝利。

<試合結果>

▼第7試合 シングルマッチ
清宮海斗 〇
vs
AMAKUSA ×
18分28秒 変型タイガードライバー → エビ固め

【試合後の清宮】

清宮「いやあ、本当にもうすごいっすよね。この新しい刺激というか、野心というか。競争だからねホントに。俺もベルト持ってるけど、本当にうかうかしてられない。もっともっと高いところ目指していかないと。追い越せ追い抜け、本当にそういうところに自分が立ってるんだなって改めて今日の試合で実感しました。

――「みんなでノアを創る」と発言していたが、どんな思いがある?

清宮「変わんないな。俺の本質というか、ホント今の環境でお客さんが来てくださってるってことが、いろんな時期をみんなで乗り越えてきたのがあるからこそ感じるし。一人一人の声援も戻ってきたりして、お客さん一人一人の応援、それが原動力になるんで、そういう気持ちが常に自分を動かしてますね」

――今日は横浜だったが、1・21横浜アリーナへ向けては?

清宮「横浜アリーナ、僕にとってはいろんなすごい深い場所なんで。そこに向けて準備はもちろんやってきてるし、横浜もだけど、次も見えてるし。だからこそ止まるわけにいかない。本当にノアとして立ち止まってられないですね」

――涙を流した苦い思い出のある会場だが?

清宮「もう悔しい涙は流さないです。それだけです」

――チャンピオンとして対抗戦に臨むが?

清宮「そうですね。どうかな。本当にベルトを獲って向かえるっていうのはもちろん大きいんですけど、本当に自分の戦いというのもあって、それぐらいというか、ここで本当に立ち止まったら、もうベルトを持ってる意味もないと思うから。やっぱり俺はこのベルトを持ったからには止まるわけにいかないと思ってるから。ジャック・モリスとの戦いに向けて今はいってますよ。横浜もあるけど、今はジャックに昨日負けて、俺としては苦い思いがあるんで。だからまずジャックを超えないと俺は突き抜けられないというか。ホントに天敵なんで、そこを倒して突っ走る姿を見せます。俺を観に来てください。ありがとうございました」

<写真提供:プロレスリング・ノア>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加