【FBW】“シャドウWX”がファイヤープロレス1・15蒲田で3年ぶりに復活!SAKI&清水VS関口&谷の元アクトレスガールズ対決も実現!

 “世界一過激なプロレス団体”を標榜するFBWファイヤープロレスの年始決戦となる1月15日の東京・大田区産業プラザPiO(蒲田、正午開始)で3年ぶりに“シャドウWX”が復活。SAKI&清水ひかりVS関口翔&谷ももの元アクトレスガールズ対決も実現する。

 WXは昨夏に大仁田厚に宣戦布告し、師匠であるミスター・ポーゴの名を名乗って抗争を繰り広げてきた。今回2019年12月15日、MLWの大阪・鶴見緑地大会以来、3年ぶりに本来のリングネームでリングに上がり、テーブル、ラダー、チェアの使用が可能な「ハードコアTLCマッチ」で洞口義浩と組み、UTAMARO、花畑正男組と対戦する。

 その理由について、WXは「この1年半、大仁田を潰すために、師匠のスタイルを踏襲してやってきた。だけど今回は大仁田は対角にいない。試合形式はハードコア。年も改まったことだし、WXを復活させる。ミスター・ポーゴのときとどう違うか見に来てほしい」と意欲。試合形式、対戦相手については、「大日本でよくやってたんで朝飯前だ。UTAMARO、花畑正男なんて一蹴してやる。次、3月26日に同じ会場でやるけど、俺への挑戦者がいるなら名乗りを挙げろ!」と次々大会での対戦者を公募した。

 また、セミファイナルのSAKI&清水VS関口&谷の一戦は元アクトレスガールズのメンバーによる対戦。2021年いっぱいで同団体はプロレス団体としての活動を休止。その後、SAKIと清水はユニットCOLOR’Sで活躍。関口はフリーランサー、谷はPURE-J所属となり、バラバラになって活動している。この4人が一堂に会した再会マッチは稀有で、まさにここでしか見られない超レアな一戦で、関口と谷は初タッグ結成となる。そのほかの3試合も、ファイヤープロレスでしか見ることができないマッチメイクになっている。

 なお、同団体では3月26日に大田区産業プラザPiO(16時)、4月23日に島根・くにびきメッセ(時間未定)、両大会を予定している。

団体ロゴも新しくなり2種類登場。

FBWファイヤープロレス「青馬堂プロレス×FBWファイヤープロレス」
日時:1月15日(日)開始12時
会場:東京・大田区産業プラザPiO

全対戦カード

5.ハードコアTLCマッチ 無制限1本勝負
シャドウWX&洞口義浩 vs UTAMARO&花畑正男

4.60分1本勝負
SAKI&清水ひかり vs 関口翔&谷もも

3.30分1本勝負
SUGI&仲川翔大 vs 政岡純&下村大樹

2.20分1本勝負
中島安里紗&沙恵 vs 永島千佳世&YuuRI

1.20分1本勝負
マドレーヌ&杏ちゃむ vs AKARI&大空ちえ

▼チケット問い合わせ 
オフィスラディ 
047-332-0734  
office.raddy@gmail.com

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加