【新日本vsノア】高橋ヒロムが大原はじめに勝利でロスインゴvs金剛は1勝1敗に!AMAKUSAが対戦を要求「断る理由はありません」<1.21横浜アリーナ>

新日本プロレスプロレスリング・ノアは1月21日(土)、『WRESTLE KINGDOM 17 in 横浜アリーナ』で両団体による対抗戦を開催。

『WRESTLE KINGDOM 17 in 横浜アリーナ』
日時:2023年1月21日(土) 15:00開場 17:00開始
会場:神奈川・横浜アリーナ
観衆:5,533人

この対抗戦は新日本プロレスの1月4日東京ドーム大会でロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンがバックステージでコメントをしていると、突如プロレスリング・ノアの金剛が登場し、拳王が「あんなんで満足してんのか!あんな全然決着なんてな、ついてねえだろ!」と決着戦を要求したことをきっかけに昨年1月8日横浜アリーナに続き対抗戦が実現した。

前回の2022年1月8日横浜アリーナ大会では“6勝4敗1分け”で新日本に軍配があがっている。
第6試合ではロスインゴvs金剛のシングル5番勝負の2試合目、IWGPジュニアヘビー級王者の高橋ヒロムと大原はじめが対決。

ヒロムは大原の腰攻めに苦しむ場面もあったが、こらえる大原を強引に持ち上げ、TIME BOMBⅡを見舞い3カウントを奪い、ロスインゴ対金剛を1勝1敗とした。

バックステージでコメントをしているヒロムの前にGHCジュニアヘビー級王者のAMAKUSAが現れ「我の名はAMAKUSA。我の思い、そなたに聞いていただきたく、ここへ参上いたしました。我は新たな頂をファンの皆様にお見せしたい。我らの戦いを通じて、夢、希望を感じていただきたい。そう思うております。新日本の王座に座り、新たな頂を見せ続けている、そなたとでしたらそれができる。我と1対1の果たし合い、受けていただけないであろうか」とシングルマッチでの対戦を要求した。

これを受けてヒロムは「あなたの言葉を、目を閉じながら聞かせていただきました。そうすると、なぜか関係ない昔の記憶が蘇るんです。断る理由はありません。1対1でやりましょうか、AMAKUSA選手。IWGPジュニアヘビー級王者の強さ見せてあげますよ」と返すと、2人はベルトを見せながら向き合った。
果たしてこの2人の対決はいつ実現するのか。注目の試合の発表が待たれる。

▼対抗戦関連記事はこちら
https://proresu-today.com/?s=%E6%96%B0%E6%97%A5%E6%9C%ACvs%E3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加