【新日本vsノア】武藤敬司が東京ドームでの引退試合の相手に内藤哲也を指名「熱い試合をやろうぜ!」

新日本プロレスプロレスリング・ノアは1月21日(土)、『WRESTLE KINGDOM 17 in 横浜アリーナ』で両団体による対抗戦を開催。

『WRESTLE KINGDOM 17 in 横浜アリーナ』
日時:2023年1月21日(土) 15:00開場 17:00開始
会場:神奈川・横浜アリーナ
観衆:5,533人

この対抗戦は新日本プロレスの1月4日東京ドーム大会でロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンがバックステージでコメントをしていると、突如プロレスリング・ノアの金剛が登場し、拳王が「あんなんで満足してんのか!あんな全然決着なんてな、ついてねえだろ!」と決着戦を要求したことをきっかけに昨年1月8日横浜アリーナに続き対抗戦が実現した。

昨年は“6勝4敗1分け”で新日本に軍配が上がっているが、ロスインゴvs金剛は2勝2敗で向かえた内藤と拳王の試合で内藤が勝利して声だしOKの大会を「デ、ハ、ポン!」で締めた。

そして、リングを降りた内藤がゲスト解説で来ていた放送席の武藤敬司に視線を送り、花道を引き揚げていると、武藤がリングヘ上がり内藤に向かいマイクで「内藤、俺の引退試合の相手、来月東京ドーム、お前に決めた。熱い、熱い試合をやろうぜ!」と引退試合の相手に電撃指名。

内藤はリングに戻ると「俺の答えはもちろん、トランキーロ!あっ、せんなよ。ただ、ただ、2月21日、予定、空けておきますよ。今の内藤哲也を思う存分堪能してください。カブロン!」と受諾した。

いよいよ決定的となった武藤の引退試合の相手だが、ノアからの正式な発表が待たれる。

▼対抗戦関連記事はこちら
https://proresu-today.com/?s=%E6%96%B0%E6%97%A5%E6%9C%ACvs%E3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加