【DDT】秋山準が「モノボケデスマッチ」でA本多を破りEXTREME王座V2!2・18名古屋での挑戦が決まった彰人は「僕の提案するルールなら必ず勝てる」

 DDTプロレスが1月21日、神奈川・横浜ラジアントホールで「Sweet Dreams!2023 TOUR in YOKOHAMA」を開催。DDT EXTREME王者の秋山準が「モノボケデスマッチ」でアントーニオ本多を破り2度目の防衛に成功。2月18日、名古屋国際会議場イベントホールで彰人が挑むことが決まった。

 本多が希望した「モノボケデスマッチ」は、本多が秋山のフォールをカウント2以内で返したり、関節技をロープエスケープした場合、本多にモノボケチャンスが与えられ、そのモノボケにより秋山が3回笑ってしまったら、本多の勝利となる。秋山は本多から3カウントフォール、ギブアップを3回奪った場合に勝利となるという、一見なんとも不公平なルール。

 開始早々、秋山は首投げから強引に固めて3カウントを奪取(1ポイント)。秋山のリストロックを本多がエスケープしてモノボケチャンス奪取。本多は『キン肉マン』のアシュラマンのいでたちになるも、秋山は笑わず。秋山は場外戦に持ち込むと鉄柱攻撃、リングに戻ると足関節攻撃。

 本多もバイオニックエルボーなどで反撃も、秋山がエクスプロイダーで2度目のフォール(2ポイント)。秋山は再度エクスプロイダーからカバーするもカウントは2。もう1度押さえ込むも本多が返し、さらにもう1回押さえ込むも返されたため、本多が3回のモノボケチャンスをゲット。1、2回目は笑わせられず失敗も、3回目で秋山を笑わせて1ポイント奪取。

 しかし、怒りの秋山はエクスプロイダーからフロント・ネックロックで絞め上げてギブアップを奪い、3ポイント目を奪って勝利を挙げた。

 試合後、元EXTREME王者の彰人が現れ、「EXTREMEの代表格な選手、スーパー・ササダンゴ・マシン選手、アントーニオ本多と防衛しましたよね。僕もそのベルトで一時代築いてるんです。次は僕と僕なりのEXTREMEなルールで挑戦受けてくれますか?」とアピール。これを秋山が受諾し、2・18名古屋での王座戦が決定した。

 秋山は「昔からリング上で笑うなと言われてたんで。笑わないようにしましたけど、アシュラマンはヤバかった。笑かそうとされるものは笑わないと思う。突然のことには笑うかもしれないけど。さすがに(ラッシャー)木村さんとか笑ってたけど。メチャメチャ面白かったから。笑いも鍛えられてるから。俺のほうが有利だったな。(本多とは)普通に試合やった方がよかったかもしれない。(彰人とは)ルールをどうするのかまだ分からないけど、普通にやるのか。楽しみにしてます」とコメント。

 本多は「最初のアシュラマンを返されて組み立てがまずかった。最初に凝った大技を繰り出したことが、もうちょっとプロレス的に考えて、モノボケ運びをすればよかった。モノボケもそうですが、“戦った”という感じの今夜です。頭の先からつま先まですべての細胞をもって戦ったという感覚。負けてしまったけど幸せだ!」と話した。

 挑戦が決まった彰人は「僕がDDTのベルトのなかで一番思い入れがあって好きで、位が高いと思ってるのがEXTREME。どの団体にも一番強いヤツを決めるベルトはあると思います。でも、何をしてもいい、自由にしていいベルトはDDTにしかないと思ってる。あこがれの男色ディーノから獲ったときから、ずっと恋をしてるし、もう1回自分の手でEXTREMEをたぐり寄せたい。秋山さんが獲ってからベルトが白く変わりましたよね。僕は紫のベルトに思い入れがあって、僕が獲り返して紫に戻したい。僕なりの世界観を秋山さんに叩きつけたい。秋山さんとなら、これをやりたいというルールが一つある。それを提案してみようかなと思います。何を言っても受けてくれると思ってるんで。プロレスで秋山さんに勝てる自信なんて、これっぽっちもない。EXTREMEは無限に可能性広がってるし、僕の提案するルールなら必ず勝てると思います」と意欲。

 また、この日、1・29後楽園で行なわれるKO-D6人タッグ選手権(王者組=遠藤哲哉、鈴木鼓太郎、岡田佑介組VS挑戦者組=飯野“セクシー”雄貴、男色“ダンディ”ディーノ、竹田“シャイニングボール”光珠組)の前哨戦2番勝負がシングルマッチで行われた。大会前に飯野のOバックがなくなったことが明らかになり、犯人は遠藤だったことが判明。

 まず、岡田VSディーノは、飯野が試合途中に場外に現れ、気を取られた岡田にディーノが急所打ちを見舞いスクールボーイで丸め込んで勝利。ところが遠藤が飯野のアンダータイツを剥ぎ取って逃走。これで飯野のOバックはすべてなくなってしまった。

 続いて、遠藤が飯野と一騎打ち。飯野はコスチュームの下はノーパンで登場。セコンドのディーノがOバックを奪還し、飯野に渡す。

 レフェリーが昏倒して不在のなか、飯野はコスチュームを脱いで、Oバックを履こうとするも遠藤が阻止。

 遠藤がコーナーに上ったところに、ディーノが飯野のコスチュームを渡すと、蘇生したレフェリーが、遠藤がコスチュームを剥いだとジャッジして反則負けを宣した。ディーノは「バーニング、汚ねぇヤツらだ。対戦相手の衣類を剝ぐなんて。6人タッグのベルトを獲ってDDTの秩序はフェロモンズが守ります」と王座獲りを誓っていた。

【大会名】Sweet Dreams!2022 TOUR in YOKOHAMA
【日時】2023年1月21日(土)
【会場】神奈川・横浜ラジアントホール
【観衆】175人(満員)

▼オープニングマッチ 30分一本勝負
MJポー&○KANON vs 高鹿佑也&須見和馬●
7分33秒 片エビ固め
※スリーピー・ホロウ

▼第二試合 横浜二大シングルマッチⅠ 30分一本勝負
●岡田佑介 vs 男色“ダンディ”ディーノ○
3分31秒 横入り式エビ固め

▼第三試合 30分一本勝負
上野勇希&●小嶋斗偉&川松真一朗 vs 高木三四郎&大石真翔&彰人○
9分30秒 ステップオーバー・トーホールド固め 

▼第四試合 横浜二大シングルマッチⅡ 30分一本勝負
●遠藤哲哉 vs 飯野“セクシー”雄貴○
9分23秒 反則勝ち
※コスチューム剥ぎ

▼第五試合 30分一本勝負
○HARASHIMA&大鷲透&平田一喜 vs 高尾蒼馬&中村圭吾●&正田壮史
10分17秒 片エビ固め
※蒼魔刀

▼セミファイナル DDT EXTREME選手権試合~モノボケデスマッチ 60分勝負
<王者>○秋山準(3-1)アントーニオ本多●<挑戦者>
※3ポイント獲得、第56代王者が2度目の防衛に成功。
【試合経過】
①○秋山(0分17秒 片エビ固め)アントン●
※首投げ
②○秋山(7分56秒 片エビ固め)アントン●
※エクスプロイダー
③●秋山(12分12秒 モノボケ成功)アントン○
④○秋山(13分22秒 フロント・ネックロック)アントン●

▼メインイベント スペシャル6人タッグマッチ 30分一本勝負
○樋口和貞&クリス・ブルックス&石田有輝 vs 火野裕士&納谷幸男&岡谷英樹●
18分10秒 体固め
※ブレーンクロー・スラム

〈写真提供:DDTプロレスリング〉

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加