【アイスリボン】夢咲あむデビュー戦延期 肩の違和感のため、しばらくは治療に専念

女子プロレス・アイスリボンの夢咲あむ(練習生)デビュー戦が、延期になることが発表された。

団体リリースによると、現在肩への違和感があり、もともと脱臼癖があるとのこと。本人のデビューに向けてへの練習への影響、また幹部による受け身の不安もあるため、25日のエキシ取りやめ、29日のデビュー戦という決断となった。

延期日程については、本人の体調復調を鑑み、練習再開後に日程を発表。なお、1月25日Princess’s Partyでは、リアスクライブのメンバーとしてのライブは行い、直接本人より挨拶を行う。

残念ではあるが、まずは1日の早い回復を願うばかりである。

夢咲あむコメント
「デビュー発表をした直後ではありますが、以前より違和感のあった肩への鈍痛がひどくなり、もともと肩に脱臼癖のあったのですが、練習をしていく中で、腱などへの炎症が重なり、デビュー戦へ向けての集中練習の対応、また受け身などへの不安もある事から、しばらくは治療に専念しデビュー戦を延期させて頂く事になりました。
応援頂いたファンのみなさま、指導の為に時間を作って頂き指導頂いた先輩方、デビューへのサポートをして頂いたスタッフの方々、大変申し訳ありません。必ずリングに立つ姿をお見せしますので、引き続きよろしくお願いします。」

参考記事:【アイスリボン】アイドルグループ「リアスクライブ」夢咲あむのデビューが決定!<1・29新木場1stリング大会>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加