【WAVE】SAKI&清水ひかりがタッグ王座9度目の防衛に成功!笹村あやめが宮崎有妃とシングル対決「これがWAVEのやり方か…」1.22千葉「CHIBA WAVE Vol.3」<全試合結果>

プロレスリングWAVEは1月22日、千葉・2AWスクエアで「CHIBA WAVE Vol.3」を開催した。

メインイベントで行われたDUALSHOCK WAVE~WAVE認定タッグ選手権試合では王者組・SAKI&清水ひかりに旧姓・広田さくら&梅咲遥が挑戦するも王者組が9度目の防衛に成功。

また、昨年12・18千葉大会に出場予定だった笹村あやめが体調不良で欠場となり、予定されていた宮崎有妃とのシングルが流れてしまったが今大会にて改めての対戦となった。

「CHIBA WAVE Vol.3」
日時:1月22日(日)18:00開始
会場:千葉・2AWスクエア
観衆:91人

オープニング
3回目となる2AWスクエア大会。試合に先立ち入場式がおこなわれ、出場選手がリングに集結。選手を代表し、挨拶をおこなったのは、2AWスクエアをホームとする笹村あやめ。

笹村「本日は千葉・2AWスクエアにお越しいただきまして誠にありがとうございまーす!この2AWスクエアは、笹村のホームであります。遠いですけど、みなさんバスとか歩きとか迷わず来れたから、いまここにいるということで本当にありがとうございます。前回の千葉大会では自分の体調不良により欠場してしまいましたが、waveさん、また宮崎さんとのシングルを組んでいただき本当にありがとうございます。2月19日に2AWのタッグのベルトに挑戦が決まっているので、今日は宮崎さんのペースに乗せられずに自分のペースで闘い、そして勝利したいと思います。千葉でプロレスを楽しんでいってください。よろしくお願いしまーす!」

1、CHIBA・Future(15分1本勝負)
○高瀬みゆき(10分22秒、片エビ固め)狐伯●
※ローリングストーン

2・1新木場でS.O.S(バナナ千賀&ツトム・オースギ)との試合が決まっている狐伯が第1試合に登場。高瀬みゆきとシングルで激突した。

牽制しながら組み合い狐伯がフロントネックロックへ。高瀬も取り返していく。これをロープに飛ばして脱出した狐伯がリープフロッグ、ドロップダウンで高瀬を走らせる。高瀬もなんとかドロップキックを決めるが、狐伯もすぐにドロップキックで応戦。

再びロープの振り合いとなり、消耗戦となっていく。高瀬の足がフラつきはじめたところで狐伯がカニばさみ。カバーにいくがカウント2。

もう一度、走らせようとする狐伯。これは高瀬がロープにしがみつき回避する。ならばと狐伯は串刺しのドロップキック→低空ドロップキックからブレーンバスターへ。カウント2。クロスボディーを放つが、キャッチした高瀬が逆エビ固めでステップオーバー。

このピンチを切り抜けた狐伯がコーナーからのブーメラン攻撃で流れをつかむ。足の踏み合い合戦も制した狐伯がドロップキック、ミサイルキックでカウント2。

高瀬もスタナーで流れを変え、カミカゼを敢行。小刻みエルボーから張り付けラリアット。走る狐伯に高瀬がパワースラム。えびす落としを放つが、カバーの瞬間、狐伯が切り返してカウント2。その後も丸め込みを連発していく狐伯。いずれもカウント2。なおも走る狐伯に高瀬がラリアット。これを返されるとローリングストーンでトドメを指した。

2、CHIBAメガトンwave(15分1本勝負)
○柊くるみ(7分26秒、片エビ固め)網倉理奈●
※ダイビング・ボディープレス

メガトン級のパワーを誇る柊くるみと網倉理奈の初のシングルマッチ。迫力ある試合が期待されるなか、網倉の入場時に音響トラブル⁉ 後入場のくるみの入場は観客が手拍子で盛り上げる。リングコールも、野中リングアナの地声でのコールとなった。

かくして試合へ。ロックアップで組み合い、くるみが押し込む。体勢を入れ替えた網倉が小刻みエルボーから走ってショルダータックル。これを受け止めるくるみ。逆にくるみがやり返してボディースラム。フットスタンプを投下する。

網倉も低空ドロップキックからワー!プレスを敢行。すぐにくるみもサンセットフリップでやり返す。ならばと網倉はサムソンクラッチからのヒップドロップでカウント2。セントーン、サンセットフリップと畳みかける。さらにショルダータックルでくるみを吹っ飛ばし串刺しのボディーアタックを敢行。そしてカナディアン・バックブリーカーへ。耐えられるとセカンドからのセントーンを投下する。

くるみもカウンターのブラックホールスラムで流れを変えるとカナディアン・バックブリーカー式フェイスバスターでカウント2。ラリアットも返されると、圧巻のダイビング・ボディープレスで網倉を圧殺した。

3、CHIBA・スクランブルwave(20分1本勝負)
△鈴季すず&川畑梨瑚(時間切れ引き分け)青木いつ希&関口翔△

第3試合は、鈴季すず&川畑梨瑚と青木いつ希&関口翔のタッグマッチ。青木がいつもの爆音挨拶で会場を温める。その青木が先発し、すずと力比べ。サイドヘッドロックをめぐる攻防となる。

続いて川畑vs関口のマッチアップ。読み合いを制した関口がドロップキックを決める。すぐさま青木もカニばさみで形勢を入れ替え低空ドロップキック、ボディープレスで応戦する。

ならばと川畑&すずは、関口を孤立させ反撃にかかる。すずがランニング・ニーを叩き込むとサードロープにもたれかかる関口を、川畑&すずのキックで挟み撃ち。いい流れを作っていく。

劣勢の関口だったが、なんとか切り抜けるとすずにドロップキックを放って青木にスイッチ。

勢いよく飛び出していった青木が串刺しバックエルボー、フェースクラッシャー、ボディープレスで反撃。再び関口が出て行き串刺しのドロップキック、ボディースラムでカバーする。カウント2。

一方、すずも形勢逆転に成功し、川畑にタッチ。川畑は得意のキックでチャンスを広げるが、ロープに走ったところを関口がカニばさみ。青木との連係を決めると、続く青木が高速ブレーンバスターホールドでカウント2。すぐさまコーナーに登るが、すずが足止め。川畑が投げ落とし、すずとのキックで挟み撃ち。さらに川畑が水面蹴りを放ってすずと交代する。

リングインしたすずは控えの関口に一直線。分断に成功すると、青木にランニング・ニーを2連発。さらにロープに青木をセットし、ジャーマンで叩き付ける。すぐさまコーナーに昇るも足止めされる。

逆に青木がダイビング・ボディープレスを投下しカウント2。さらにショートレンジのラリアットを狙うが、これをすずがブリッジでかわす。ならばと青木が投げっぱなしジャーマン。すずもやり返す。青木のトラースキック、すずのトラースキックが交互に決まりダブルダウン。

エルボーを打ち合いながら立ち上がるすずと青木。激しい打ち合いからロープに走るすずだったが、青木がカウンターのラリアット。

両者交代となり、戦況は川畑vs関口に移行する。関口がワキ固めで捕獲すると、これをしのいだ川畑がノーザンライトSHでカウント2。残り5分となり、関口がアームブリーカー→ワキ固めで捕獲する。川畑もジャンピング・ハイキックから串刺し攻撃を狙うが、かわした関口がショルダー・アームブリーカー。ミサイルキックをお見舞い。さらに青木の投げっぱなしジャーマンを挟んでSTO。惜しくもカウント2。

青木&関口でダブルを狙うが、すずが救出に向かう。逆に川畑&すずのキックが関口をとらえると、すかさず川畑がムーンサルト・プレスを投下する。これは青木のカットが間に合う。

ならばと川畑はジャーマンを狙うが、関口が回転エビ固めに切り返す。返されるとSTOをお見舞い。これもカウント2止まり。川畑がハイキックを連発していく。返されると走る川畑だったが、関口が飛び付き腕十字へ。なんとか川畑がロープ。もう一度、関口はアームブリーカーから走るが、川畑が追走してジャーマンSH。返されると走る川畑。関口がカウンターのSTOへ。ボディースラムで叩き付けるも、ここで時間切れを迎えた。

⇒次ページ(宮崎有妃vs笹村あやめ、SAKI&清水ひかりvs旧姓・広田さくら&梅咲遥のタッグ王座戦)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

Pages 1 2