【DDT】ハリウッドへの切符かけたリーグ戦に向け若手8選手が火花散らす!“驚異の新人”正田壮史は“口”でも大器の片鱗ぶり披露

 DDTプロレスが1月24日、東京・千代田区の神田明神内で、若手選手によるリーグ戦「D GENERATIONS CUP(DGC)」(同29日、東京・後楽園ホールで開幕)に向け記者会見を開き、出場する8選手が火花を散らした。

「DGC」にはAブロックで岡谷英樹(2020年3月20日デビュー)、高鹿佑也(2021年4月11日デビュー)、須見和馬(2022年10月23日デビュー)、イルシオン(2021年8月21日デビュー)。Bブロックで中村圭吾(2019年10月19日デビュー)、小嶋斗偉(2020年12月27日デビュー)、石田有輝(2021年10月12日デビュー)、正田壮史(2022年8月14日デビュー)の計8選手が出場。1月29日の後楽園、2月5日の大阪・アゼリア大正、同11日の神奈川・横浜ラジアントホール、同14日の東京・新宿FACE、同18日の愛知・名古屋国際会議場イベントホールでリーグ戦を行い、各ブロックの得点1位の選手同士により、2月26日の後楽園で優勝決定戦を行う。優勝者には3月30日&31日(現地時間)に米ハリウッドで開催されるDDTの米国大会への出場権が与えられる。

 Aブロックで、実績的に優勝候補の最右翼といえる岡谷は「正直、コイツらとは経験の差が違い過ぎるんで。このリーグ戦でその差を見せつけます」とキッパリ。高鹿は「この1年、バーニングに入ってプロレス的な部分はもちろん、体的な部分も大きくして、こういうリーグ戦があればなというのを待ってたし、優勝できる自信しかない。僕の高校時代の同級生とか、一緒にジムで汗を流した選手がプロレス界で実績を残してるのを見て、僕も早く追いつきたいというのもある。DDTの若手もすごいぞ、DDTの高鹿もすごいぞというのを見せつけたいと思ってるので。しっかり優勝したい」、須見は「自分はデビューしてまだ3ヶ月。失うものは何もないです。自分自身しかできないやり方で優勝して、デビュー最速で結果を残したい」、主に「DDTeeeen!!」で活躍してしたイルシオンは「自分以外は全員敵。すごく燃えています。僕はまだ『DDTeeeen!!』の印象が抜けきらないと思いますけど、それを払しょくできる。DDT若手のイルシオンと周知してもらえるような大会にします。優勝、ハリウッド大会出場、その先に見える景色を見てみたい。この大会では幻ではなくて、現実を皆さんにお見せします」と意気込んだ。

 Bブロックでは、キャリアで一番長いものの、ヒザのケガから復帰したばかりの中村は「欠場期間1年2ヶ月長かったです。3戦して、いろいろ自分の足りないところとか、分かってきたので、僕がこのリーグ戦、優勝します。Twitterで生卵を10個飲んでみたり、虫を食べてみたり、瓦割りをしてみたり、いろいろしてきたんで、今日はコーラ500ミリを一気飲みして、もっと意気込みを言いたいと思います。ゲップしないで」と言うや、コーラの一気飲みを敢行。

 飲むことには成功したが、ゲップを連発して失敗に終わった。

 小嶋は「この大会は絶対経験値を獲得できる場所なので、その経験値を獲得して、レベルアップしてハリウッドでチャンスをつかんで、もっともっとレベルアップしていきたい。そのためにもオマエもオマエもオマエもオメェらも全員ぶっ倒すからな!」、石田は「今回若手リーグ戦、僕は全員を全身全霊全力でどすこいして僕が一番になって、ハリウッドでどすこいすることしか考えてないんで。この人たち全員どすこいして、俺がどすこいとうことを証明してやる。見ててください」と決意表明。

 DDT史上最短の入門3ヶ月で破格のデビューを果たした“驚異の新人”正田は「昨年末のTDCで高木(三四郎)さんに負けて、来てくださった方、全員が全員、僕が高木さんに勝ってハリウッドに行くと思われてるなか、期待を裏切ってしまったような感じがするんで。ここではハリウッド1本勝負なんで、ハリウッドしか考えてません。みんなは若手で誰が一番強いかを気にしてるんですけど、僕は気にしてなくて、ハリウッド1本です」と新人らしからぬ発言。

 “意識をする選手”について、須見は「イルシオン。同世代というのもありますけど、自分とちょっとプロレススタイルが似てると思うんで。負けられない」、イルシオンは「岡谷選手。SNSで興味がない、意識がないと言われてしまったので、俺が振り向かせてあげようかなと思ってます」、高鹿は「僕も岡谷さんと言ってたんですけど、いろいろ発信してもあまり反応なくて、ちょっとつまんない感じ。正田を最近意識してます。僕がもってない適当な感じとか、華ももってると思いますし、自分にはないものをもってる人間には興味ある。ぜひ戦ってみたい」、石田は「中村、YouTuberじゃないんだ。ふざけんな。リング上でどすこいしてやるから覚悟しとけ」、小嶋は「岡谷さん。唯一シングルして負けてるのが岡谷さんだけなんで。確実に上がってきてほしいし、上がってきたうえで倒してレベルアップしたい」、中村は「全員。1年2ヶ月休んでたんで、リング下で見てた身としては全員意識します」とコメント。

 その一方で、岡谷は「Bは小嶋。Aに興味はない」とクールに話し、正田は「岡谷さんと同じ意見で、誰にも興味ないんですけど、岡谷さん。岡谷さんとしかシングルやったことないから。ほかは初めてなんで、いけるかなと。勝っちゃうんで。結局ハリウッドです」と豪語。

 さらに、岡谷は「(狙うは優勝のみ?)そうです。ハリウッドにも興味ない。優勝だけ」と断言。まだ自力初勝利がない正田は「僕はこのリーグ戦で勝っても、自分のなかで初勝利と言いたくないんで、勝って当たり前だと思ってる。勝っても“やったー勝った”という感じにはならなくて、“よっしゃハリウッドに近づけた”くらいで思ってるんで。岡谷さん、ハリウッドに興味ないなら、このリーグ戦に出ないでください」と口でも大器の片鱗ぶりを見せつけていた。

〈写真提供:DDTプロレスリング〉

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加