【新日本】海野が内藤に鮮烈アピール「2023年必ずこの新日本のリングにパラダイムシフトを巻き起こし、俺の新時代を作り上げます!」

新日本プロレスは1月24日(火)、東京・後楽園ホールにて『Road to THE NEW BEGINNING』を開催。

『Road to THE NEW BEGINNING』
日時:2023年1月24日(火) 17:30開場 18:30開始
会場:東京・後楽園ホール

メインイベントではオカダ・カズチカ&矢野通&海野翔太vs内藤哲也&鷹木信悟&SANADAが対戦し、海野がSANADAにデスライダーを炸裂させ勝利した。

<試合結果>

▼第8試合 30分1本勝負
海野 翔太 〇
矢野 通
オカダ・カズチカ
vs
SANADA ×
鷹木 信悟
内藤 哲也
14分40秒  デスライダー→片エビ固め

海野「内藤さん、ジワッジワッ、ジワッジワッ、オマエのこと痛めつけてやるからな。札幌大会でも同じ景色を見せてやる。気分はどうですか?まったく視界にも、眼中にも入ってないヤツに、やられた気分はどうですか?悔しいでしょ?自分だったら悔しいですよ。だからまた、ここ後楽園ホールで戦いましょう。あらためまして、本日はご観戦、誠にありがとうございました!初めての後楽園ホールでのメインでの締めを僕がやります。2023年必ずこの新日本のリングに、パラダイムシフトを巻き起こし、俺の新時代を作り上げます!だから、だから俺から目をそらすなよ!」

■試合後バックステージコメント

海野「リング上で言ったことがすべてです。どうですか!? 甲子園常連校が無名の高校に、負けたわけじゃないけど、恥をかかされ、顔に泥を塗られた気分はどうですか!? 悔しいですよね。自分だったら悔しいので、リング上でも言ったとおり、悔しかったら、いつでもいつでも、闘いますから。まず明日、後楽園ホールでタッグありますけど、そこでまたやりましょう。それでも満足いかなかったら、(2.4)札幌でシングルマッチが組まれてるので、そこで結果を出せばいいだけだと思いますし。勝っても負けても、何かしら残るようなインパクトを作り、でも必ず自分は勝たないといけないので、必ず勝って、その先、その先、その先へ、1歩ずつ、1歩ずつ、必ず進んでいきます。ありがとうございました」

※内藤はノーコメント

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加