【新日本】オカダから次期挑戦者に逆指名された棚橋「今度はオレがショックを起こしてやるよ!オカダくん、お疲れさまでした」

新日本プロレスは2月11日(土・祝)、大阪府立体育会館(エディオンアリーナ大阪)にて『THE NEW BEGINNING in OSAKA』を開催。

『THE NEW BEGINNING in OSAKA』
日時:2023年2月11日(土・祝) 15:30開場 17:00開始
会場:大阪・大阪府立体育会館(エディオンアリーナ大阪)
観衆:4,055人

メインイベントのIWGP 世界ヘビー級選手権試合は王者オカダ・カズチカが32分07秒 レインメーカーで鷹木信悟との激闘を制し、王座初防衛に成功した。

激闘を制したオカダはマイクを手に取ると、アメリカ(サンノゼ大会)で行われるIWGP世界ヘビー級の防衛戦の次期挑戦者に解説席にいた棚橋弘至を呼び出し、「棚橋さん、もし疲れてなかったら、このベルトに挑戦してくださいよ」と逆指名を行った。

リングに上がった棚橋は「悪いなオカダ。オレは生まれてから、一度も疲れたことがないんだ。もう10年以上前か、レインメーカーショック。じゃあ、今度、今度はオレが、ショックを起こして、やるよ!オカダくん、お疲れさまでした」と返答。

再びマイクを手にしたオカダは「棚橋さん、大丈夫ですよ。もうオレがいるから。最後の挑戦だと思って、このオレにかかってきてくださいよ」と挑発し、大阪のファンに向けて再びベルトを持って帰ってくることを約束した。

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加