【DDT】遠藤哲哉が「D王」公式戦でKO-D無差別級王者・上野勇希を破り、Aブロック首位タイに浮上!「D王優勝して、最強の男で大阪に帰ってきます!」

 DDTプロレスが12月9日、大阪・アゼリア大正で「D王 GRAND PRIX 2023 in Osaka」を開催した。Aブロック公式戦では遠藤哲哉がKO-D無差別級王者の上野勇希を激闘の末破り、勝ち点を4に伸ばしてブロック首位タイに浮上した。

 序盤、ショルダータックル合戦から、レスリングの攻防に。上野は場外で鉄柱攻撃、ハーフネルソン・スープレックスを繰り出すなど試合をリード。

 10分過ぎ、上野は場外へのムーンサルトアタック、フロッグスプラッシュと攻め込むも、遠藤はエプロンでカナディアン・デストロイヤー、サスケスペシャル、旋回式ト―チャーラックボムで反撃。

 さらにバーニングスター・プレスを狙うも、上野は剣山で阻止。遠藤がテツヤ・イン・ザ・スカイを見舞えば、上野はドロップキック連発。

 そしてサドンインパクト、ダルマ式ジャーマンも、遠藤は小橋建太氏直伝のローリングチョップをさく裂。上野は後頭部へのシャイニング・ウイザードから、ロープに走ると、切り返した遠藤がフォレストブリッジで丸め込んで3カウントを奪取した。

 現KO-D無差別級王者から勝ち点2を挙げた遠藤は「上野勇希、オマエはDDT最高の男だ。その上野からスリー取ったってことは俺が最高の男? KO-D無差別級が上野の腰にあるってことは、アイツが紛れもない最高の男だ。ただ俺はいつでも、そのベルト狙ってるぞ。次、大阪では(来年)1・6、1・7に2連戦あります。D王優勝して、最強の男で大阪に帰ってきます」とマイク。

 バックステージで遠藤は「チャンピオンから完璧な3カウント。この1勝はデカいぞ。上野に勝った試合のなかで一番うれしい。上野、間違いなく今のDDTで最高の男と思ってる。でも最強と言われたらどうだ? このリーグ戦で優勝した人間が最強。上野はまだまだ最強じゃない。次(12・16福岡で)、佐々木大輔。(11・12)両国でやられたから、その分も含めてアイツに勝って、D王優勝する」とキッパリ。佐々木は遠藤に負けたら引退と発言しているが、「そんなの真に受けるな。俺が現実のものにしてやる。俺が勝ったら佐々木大輔引退だ」と話した。

 一方、1勝1敗1分けで、勝ち点3止まりとなった上野は「とうとう負けてしまいました。僕が優勝しないと、D王は何も変わらないから。今日負けたから、遠藤さんとこのベルトをかけてやることもあるでしょう。遠藤哲哉、俺がいるんだって証明する。そんなヤツがD王優勝して、ベルト獲ったらDDTは繰り返し。僕が新しく獲って、僕が進めて、伝えるものを変えて。遠藤さんがこのベルトに挑戦してきても、僕は絶対ベルトを渡さない。D王終わってません。優勝してみんなに伝えます」と巻き返しを期した。

 そのほかのAブロック公式戦では、樋口和貞がHARASHIMAとの熱闘をブレーンクロー・スラムで制して、2勝1敗(勝ち点4)として、遠藤と共に首位タイに並んだ。「一瞬。さすがに気が抜けない。耐えて。今日は俺の勝ち。このまま突っ走ります」(樋口)。

 また、Bブロックでは3戦全勝だった納谷幸男がKANONと対戦。納谷も攻め込んだが、KANONがコブラツイスト2.0で絞め上げると、レフェリーが試合を止めた。ついに土がついた納谷は「後輩だと思って、ちょっと一番楽かなと思って、侮ってました。この借りは絶対返す。優勝、一切あきらめてないんで、最後(12・24後楽園)のMAOさん、必ず勝ちます」と優勝にこだわった。

 斉藤レイ(全日本プロレス)は平田一喜と異次元対決。他団体からの参戦ながら、平田の土俵に乗って、メガネをかけて踊りながら攻めたレイは、最後はダイビング・ボディープレスでトドメを刺し、2勝目をマーク。Bブロックは勝ち点6の納谷を、勝ち点4のMAO、レイ、KANONが追走する形となった。

【大会名】D王 GRAND PRIX 2023 in Osaka
【日時】2023年12月9日(土)
【会場】大阪・アゼリア大正
【観衆】245人(満員)

▼オープニングマッチ 30分一本勝負
○男色ディーノ&大石真翔 vs 彰人&須見和馬●
9分35秒 片エビ固め
※デスペナルティ―

▼第二試合 30分一本勝負
○佐々木大輔&MJポー vs 飯野雄貴●&通天閣下
9分38秒 反則勝ち
※レフェリー暴行

▼第三試合 30分一本勝負
クリス・ブルックス&アントーニオ本多&○正田壮史 vs MAO&小嶋斗偉&イルシオン●
13分0秒 片エビ固め
※正田のチカラKOBUムキムキ

▼第四試合 Bブロック公式リーグ戦 30分一本勝負
●平田一喜<4敗0点> vs 斉藤レイ○<2勝1敗4点>
12分49秒 体固め
※ダイビング・ボディープレス

▼第五試合 Bブロック公式リーグ戦 30分一本勝負
●納谷幸男<3勝1敗6点> vs  KANON○<2勝1敗4点>
13分47秒 TKO勝ち
※コブラツイスト2.0→レフェリーストップ。

▼第六試合 アジアタッグ選手権試合 60分一本勝負
<王者組>坂口征夫&○岡谷英樹 vs 秋山準&岡田佑介●<挑戦者組>
16分57秒 ケツァル・コアトル
※第121代王者組が初防衛に成功。

▼セミファイナル Aブロック公式リーグ戦 30分一本勝負
○樋口和貞<2勝1敗4点> vs HARASHIMA●<1勝2敗2点>
13分14秒 片エビ固め
※ブレーンクロー・スラム

▼メインイベント Aブロック公式リーグ戦 30分一本勝負
●上野勇希<1勝1分1敗3点> vs 遠藤哲哉○<2勝1敗4点>
21分18秒 フォレストブリッジ

〈写真提供:DDTプロレスリング〉

⇒次ページ【動画】上野に勝利した遠藤のバックステージコメント

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

Pages 1 2