【新日本】”怨念坊主”飯塚が大暴れ!オーカーン、YOH、矢野、石森が「KOPW 2024」決定4WAYマッチ進出権を獲得!

新日本プロレスは1月4日東京ドームで『ベルク Presents WRESTLE KINGDOM 18 in 東京ドーム』を開催。

第0試合では最後に残った4選手が5日の墨田区大会での「KOPW 2024」決定4WAYマッチ進出権を獲得する、「KOPW 2024」進出権争奪ニュージャパンランボーが行われた。

試合はシングルマッチからスタートして1分毎に1選手が登場してくる時間差バトルロイヤル。敗れた選手から退場していき、最後の4選手になった時点で決着。なおトップロープを越えて場外に転落した選手も退場となる。出場選手と順番はテーマ曲によって発表される方式。

続々と選手が入場する中で、なんと12月にがんの再発を発表したみちのくプロレスのフジタ”Jr”ハヤトが登場。

さらには2019年に引退した”“怨念坊主”飯塚高史が登場するサプライズなどあり、「KOPW 2023」覇者のタイチがアイアンフィンガーフロムヘルを持参すると飯塚が猛威をふるった。

さらにはタイチが「まだやりてえんだろ?」と飯塚に言葉をかけ握手を求めるも飯塚の噛みつきの餌食となると、その間に2人そろってオーバーザトップロープで敗退。

そんな入り乱れた展開となったが最後にオーカーン、YOH、石森、矢野が残り「KOPW 2024」決定4WAYマッチ進出権を獲得した。

しかし飯塚はそれでは収まらず、実況を控えている因縁の野上アナを襲いYシャツを剥ぎ取る暴走を見せた。

⇒その他の1月4日東京ドーム大会の試合記事はこちら

『ベルク Presents WRESTLE KINGDOM 18 in 東京ドーム』
日時:2024年1月4日(木)16:30開始
会場:東京・東京ドーム

第0試合「KOPW 2024」進出権争奪ニュージャパンランボー
32分40秒 オーバーザトップロープ
※オーカーン、YOH、石森、矢野が「KOPW 2024」決定戦4WAYマッチ進出権を獲得

【退場順】
1:コグリン、ゲイブ、2:コブ、3:HENARE、4:シェイン、5:マイキー、6:石井、7:ワト、8:フジタJr.、DOUKI、9:SHO、10:裕二郎、11:金丸、12:飯塚、タイチ、13:チェーズ

〈写真提供:新日本プロレス〉

⇒次ページ【動画】飯塚のアイアンフィンガーフロムヘルが猛威をふるい、野上アナも襲撃

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

Pages 1 2