【DDT】KO-D10人タッグ王者シャーデンフロイデがレベル・エネミー&高木、彰人を破り初V!本多「5人いなかったら今頃俺は横浜港に沈んでる」

 DDTプロレスが2月23日、神奈川・横浜ラジアントホールで「Into The Fight 2024 TOUR in YOKOHAMA」を開催した。シャーデンフロイデ・インターナショナルがエグゼクティブ・レベル&エネミー軍を破り、KO-D10人タッグ王座の初防衛に成功した。

 シャーデンフロイデは1月5日、東京・新宿FACEで高梨将弘&アントーニオ本多&植木嵩行&正田壮史&メカマミーのメンバーでサウナカミーナ軍を下して王座奪取。今大会では「王者組は5選手のうちリーダーを含む3選手以上のメンバーが出場すれば、他のメンバーを変更し防衛戦を行うことが可能」との規定に則り、代替出場だった植木に代わり、正規メンバーのクリス・ブルックスが入って出陣。対して、女子プロ界を席巻するユニットのレベル&エネミーの雪妃真矢、ラム会長、山下りなに加え、高木三四郎社長、彰人副社長のエグゼクティブコンビが合体して王座に挑戦した。

 多人数タッグマッチとあって、10人が入り乱れた目が離せない大乱戦に発展。高木が「愛してまーす」と叫んで、スリングブレイドを高梨に見舞う。本多は創作昔話ごんぎつねからのサミングが見事に成功して5人を倒す。

 シャーデンフロイデのトレイン攻撃で彰人がダメージ。今度はエグゼクティブ・レベル&エネミーが本多にトレイン攻撃。本多のダイビング・フィストドロップは彰人が阻止。エグゼクティブ・レベル&エネミーが本多に波状攻撃。

 彰人と本多が丸め込みの応酬となり、本多が回転足折り固めで3カウントを奪取した。

 バックステージで本多が「5人いなかったら今頃俺は横浜港に沈んでる」と発言すれば、クリスは「今日はすごい。お客さんいっぱい。シャーデンフロイデのタオル持ってた。人気じゃない? ホンダさんすごかった。お水パーティーしましょう」と言うや、ペットボトルの水をぶちまけて、メンバーは水浸し。メカマミーは故障したのかダウンしてしまった。本多は「なんというバッドエンドなんだ。たまにはこんなのがあっていいと思う。プロレスありがとう。それではまたリングの上で会いましょう。さよなら、さよなら、さよなら」と言って去って行った。

 かたや、敗れたエグゼクティブ・レベル&エネミーは大混乱。ラム会長が「何やってんの。社長と副社長」と責任追及すると、2人は土下座謝罪。レベル&エネミーが再参戦を要求すると、高木が「(DDTに)呼んでもいいと思ってるんで、副社長があとは責任取ってください」と逃走。彰人も「僕も対戦カード決める権利ないんで」と逃げてしまう。残されたラム会長は「DDT、また呼べ!」と叫んでいた。

 また、第1試合に出場した平田一喜が2・25後楽園で始動する土井成樹、青木真也との新ユニット名を「ずんちゃマッスルサバイバー」と勝手に発表。土井、青木の承諾は得ていないという。同大会で平田組は男色ディーノ&大石真翔&大鷲透と対戦するが、果たしてトリオがうまく機能するのかどうか?

【大会名】Into The Fight 2024 TOUR in YOKOHAMA
【日時】2024年2月23日(金・祝)
【会場】神奈川・横浜ラジアントホール
【観衆】281人(超満員)

▼オープニングマッチ 30分一本勝負
MAO&●平田一喜 vs 佐々木大輔&KANON○
9分13秒 コブラツイスト

▼第二試合 30分一本勝負
○男色ディーノ vs 瑠希也●
5分54秒 親不知

▼第三試合 スペシャルシングルマッチ 30分一本勝負
○ヨシ・タツ vs 高尾蒼馬●
9分51秒 片エビ固め
※This is my WWE

▼第四試合 30分一本勝負
遠藤哲哉&○飯野雄貴 vs 樋口和貞&大石真翔●
13分5秒 片エビ固め
※スピア

▼セミファイナル スペシャル6人タッグマッチ 30分一本勝負
上野勇希&○勝俣瞬馬&To-y vs HARASHIMA&納谷幸男&岡谷英樹●
17分6秒 エビ固め
※フットスタンプ

▼メインイベント KO-D10人タッグ選手権試合 60分一本勝負
〈王者組〉クリス・ブルックス&高梨将弘&○アントーニオ本多&正田壮史&メカマミー vs 雪妃真矢&ラム会長&山下りな&高木三四郎&彰人●〈挑戦者組〉
23分45秒 ジャパニーズ・レッグロール・クラッチ・ホールド
※第9代王者組が初防衛に成功。

〈写真提供:DDTプロレスリング〉

⇒次ページ【動画】試合に敗れラム会長から「テメェらクビだよ!」と責められる高木と彰人

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

Pages 1 2