映画「家出レスラー」原案・岩谷麻優×主演・平井杏奈 運命の出逢い、麻優マユ対談!

WEEKEND女子プロレス♯12


<写真:新井宏>

スターダムのアイコン”岩谷麻優の半生が実写映画化され、5月17日(金)より全国公開される。そこで今回は映画『家出レスラー』の原案となった岩谷麻優と、岩谷マユを演じた主演の平井杏奈の対談をお届け。引きこもり生活から上京しプロレスラーになるも、最初はその「ポンコツ」ぶりからなかなか芽の出なかった岩谷。そんな岩谷に自分を重ね、オーディションで主役の座を勝ち取った平井。運命的とも言える2人の出逢いを、この対談から感じてほしい。


<写真:新井宏>

――本編をご覧になっていかがでしたか。

岩谷「喜怒哀楽が全部に詰まってると思いましたね。真剣なところ、笑えるところ、上映時間中、感情がジェットコースターみたいになりましたね」

――岩谷選手は、演じられている自分自身を見ることにもなりますよね。

岩谷「そうですよね。一応フィクションなんですけど、だいたいがけっこう実話で。『なんで練習来ないんだ!』とか『スリングブレイドできるもん』とか、ああ、こんなことあったなあとか、グッときて泣いちゃうようなシーンもあるし。ただ、自分の話とか関係なく、映画としてすごく完成度が高いと感じました。自分の映画じゃなくても、ふつうに楽しめましたね」

――マユがんばれ!と思ったのでは?

岩谷「そうそう(笑)」


©映画『家出レスラー』製作委員会©World Wonder Ring STARDOM

――平井さんは、ホンモノに見られていると思うとどうですか?

平井「それが一番ドキドキかもしれないです。岩谷マユ役を演じるにあたって、岩谷麻優選手本人やファンだったりに、『やっぱり岩谷麻優だな』と思っていただきたいし、ファンの方のなかには岩谷選手本人が(演じるところを)見たいという気持ちもあったと思うので、自分が岩谷麻優をやらせていただく意味を感じつつやらせていただきました。いまこうして完成して、岩谷選手に『おもしろかった』『よかった』と言ってもらえてホッとしているし、ホントにうれしいです」

――岩谷選手は自分の半生が映画化されると知って、どう思いましたか?

岩谷「最初は不安しかないですよ。いままでも、自分の人生をおもしろいと言ってもらえることがすごく多かったんですね。だけどあらためて映画になると大丈夫なの?って。ホントに自分の人生っておもしろいのかなって、不安になりますよね」

平井「いや、おもしろいです(笑)」

岩谷「(笑)。初めて聞いたのは移動中の車の中だったんですよね。軽く言われたので、『ああ、そうですかあ、(映画化)されればいいですねえ』なんて、携帯いじりながら軽く答えたんですよね。あのとき、『いやいや自分なんか映画になんかならないです!』『いいですそれ、やらないでください!』なんて言わなくてよかったなって。もし面と向かって真剣に言われたら断ったんじゃないかな。『自分の人生なんておもしろくないんでホントに』『ほかの人の方が絶対におもしろいから、自分なんかいいです』って言ってたでしょうね(笑)」


©映画『家出レスラー』製作委員会©World Wonder Ring STARDOM

――映画化が決まり、岩谷選手役のオーディションが始まりました。平井さんは、なぜ応募したのですか?

平井「たまたまオーディションを見つけまして、その瞬間、ビビッときたんですよ。ホントに電流ビリビリみたいな感覚があったんです。そこから岩谷選手のことを調べさせてもらって、自伝があるというので即座に買って、ホントに一気読みしました。そしたら、自分との共通点をすごく感じたんですね。歩んできた環境や境遇、経験とかすごい重なる部分があってビックリしました。自分にもポンコツ時代があって」

――平井さんもポンコツだった?

平井「ハイ(笑)」

――平井さんは2010年からアイドルグループ、Tokyo Cheer② Partyに所属。スターダムは11年に旗揚げで、岩谷選手は一期生でした。同じような時期ですね。

平井「ハイ、私も一期生で、(17年の)解散まで所属してました」

――メンバーが入れ替わるなかで、ずっと同じグループで活動していたのですね。

平井「ええ。その間にたくさんの仲間がやめていったりとか。もうずっと泣いてたんですよ。ホントに、別れがつらすぎて。スタッフさんにも『一期生で一番早くやめると思ってた』『一番長くいたのが信じられない』とよく言われたりしたので、けっこうエピソードとか似ているところとかあるんですよね」


<写真:新井宏>

――これはもう運命としか思えない。

岩谷「ホントにそう思う!」

――平井さんは、プロレスはご存じでしたか?

平井「知らないわけではなかったんですけど、試合を(会場で)見たことはなかったです。でも、スターダムの中にアイドルやってたときにライブとか一緒に出ていた選手がいて映像を見たりとかして、かっこいいなという漠然とした印象はありました。それがオーディションきっかけでプロレスに出逢って、どっぷりとプロレス大好きになりましたね」

――オーディションには岩谷麻優を演じるつもりで応募したと思います。最終候補者がリングに上がり紹介されたときがありましたが、そのときに岩谷選手のコスチュームを着てきたのが平井さんだったんですよね。

平井「ハイ、そうなんです」

岩谷「その日、(コスチュームにつける)尻尾を忘れてきたんですよ。それで、『あの~、平井さんですよね。尻尾貸してもらえませんか?』と、杏奈ちゃんに借りて試合したんです」

平井「そうでした。作りました」

岩谷「あれ、自分で作ったんだ!」

平井「ハイ、自作です」

岩谷「へえ~」

➡次ページへ続く

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

Pages 1 2 3 4