【大阪プロレス】9.18大阪市立生野区民センター 公式試合結果!!

unnamed-1

主催団体【大阪プロレス】
大会名【大阪プロレスがやってきた!in生野】
日時【2016.9.18.(日)】
会場【大阪市立生野区民センター】
観衆【228名(超満員)】

①オープニングマッチタッグマッチ1/20
●ナイトスクーパー・ヒロシ&キャラメルボーイ[10’05”絶品のコテ返し→片エビ固め]○オコノミヤキーダー&蓮香誠
〈寸評〉久々参戦の蓮香が鬼神モードで大暴れ。キャラメル組はダブル攻撃や撹乱戦術に出るが蓮香の強烈なラリアットからオコノミの必殺技に繋ぎ快勝

②シングルマッチ1/20
○タダスケ [8’20″アウトキャスト→片エビ固め]●パンチ富永
〈寸評〉異色対決。欠場明けのタダスケは左肘の様子を見ながらじっくりしたレスリングで攻める。富永はGammaの加勢を得て反撃し一気呵成に攻めるがムールサルトは壮絶な自爆、勝機と見たタダスケが復帰後初の必殺技を決めて見せ、復調ぶりをアピール。

③タッグマッチ1/30
●くいしんぼう仮面&えべっさん [12’39″ラ・マヒストラル]白くま&○松山勘十郎
〈寸評〉くいえべ揃い踏みで新お笑い王者白くまに襲い掛かるがこの会場をホームに据える松山が助太刀しがっぷり四つの展開に。混線の中、ハリセン乱打でペースを引き寄せた松山が一瞬の隙を突いた丸め込みで技アリ勝利

④シングルマッチ1/45
○マグニチュード岸和田 [15’14″ラストライド→エビ固め]●アルティメット・スパイダーJr.
〈寸評〉スパイダーがプランチャの奇襲攻撃でスタート。怒りの岸和田も強烈な場外乱闘で反撃しグロッキーに追い込む。スパイダーも意地を見せ起死回生のトペコンを見せ飛び技を駆使して攻め立てるが岸和田は全てを受けとめ必殺LRを狙う。粘るスパイダーが丸め込みや投げ技で返し決定打を許さない白熱の攻防はど迫力のダイビングボディプレスから3度目のLRでようやく成功させ熱戦に終止符

⑤6人タッグマッチ1/60
●HUB&タコヤキーダー&怪獣ニューワールド [16’23″フランケンシュタイナー→エビ固め]○ツバサ&Gamma with阿倍野ハルカ&串カツおやじ
〈寸評〉新王者HUB率いる若手軍とベテラン軍の豪華6人タッグ。ツバサが華麗なルチャで超満員の観衆を魅了し好調ぶりをアピールタコヤキが捕まる展開からHUBが尻尾ムチ攻撃で反撃し一進一退の攻防に。怪獣や串カツも持ち味の肉弾戦に館内は益々ヒートアップ。怪獣のN.W.D.でダメージの残るツバサにHUBが襲い掛かるが電光石火の逆転技が鮮やかに決まり王者から3カウントを奪った。

〈試合後〉
王者HUBが本部席に置いていたチャンピオンベルトを持ち出し、次期挑戦者にツバサを逆指名。突然の申し出にツバサも応じ、Gamma現場監督がその場で両者の意思を確認し次回大会(10/16淀川区民センター)での王座戦を決定した。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事